2011年01月20日

かつらサイコー!

今年初の、コンサートに行ってきました。

わざわざ、となりの県まで・・・
S・A・G・A、佐賀ですYO!


ウィーンモーツァルトオーケストラのニューイヤーコンサートです。

NEC_2152.JPG





なんと、オケのみなさんが、当時の姿で演奏するのです〜!

こんなですね〜↓(これモーツァルト)

334c975499f62eaf9a20673d18100c59.jpg




ひらひらブラウス、ビロードっぽいジャケット、膝までのズボンに、白いタイツ!
そして、くるりんと巻いたかつら!!

うお〜、たまりません。
のだめちゃんも、ヨーロッパ編で着てましたね。
私の若い頃、KANがブレイクした時、紅白かレコ大に、
こういう衣装で出たことがあり、ものすごくうらやましかったものです。

・・・そう、私はコスプレ好き・・・(苦笑)
死ぬまでに、一度でいいので、着てみたいです・・・





・・・

・・・

・・・衣装のことはさておき(汗)

ニューイヤーコンサートというと、
どうしてもシュトラウスとかラデツキ―で手拍子、というイメージなのですが、
このコンサートは、モーツァルトオンリー!

ソプラノとテナー、二人のオペラ歌手が出演して、
モーツァルトの主要オペラのアリアを歌います。




あれも



これも



ホイサッサも



パパパも





まるで、ハンバーグも海老フライもスパゲッティもピラフも出てくるみたいだ!
(・・・お子様ランチ?)

歌手のお二人も、ちゃんとオペラの衣装で登場。
たまりません。
軽く演じながら、時にコミカルに。
でも、この広いホールの隅々にも行きわたるような、美しい響きのある声。

むお〜!たまりません!!





オーケストラ曲も、モーツァルトのこれまた有名な曲ばかりを演奏。
ジュピターとか、アイネクライネとか。
んもー、これは、ちょっと値段が高かったけど、行ってよかった!!

やっぱり、知っている曲をやる、というのは、コンサートとして正しいあり方なんだな、
と再確認。




あと、日本のオケでもたま〜にやるところあるんだけど、
コンサートの始まる前に、ロビーでちょっとウエルカムコンサートということで、
演奏をしてくださったんです!
間近で!!
むひ〜〜〜〜!たまりませんでした。






モーツァルトの音楽は、とても軽やかで優雅で・・・というイメージがありますが、
やる方はけっこう大変。
私は、難しくて苦手です・・・
でも、聴くのはすごく楽しい。

本当に楽しいコンサートでした!!!
ごはんを抜いてでも、いいコンサートを見たい、いい音楽を聴きたい、
と思っていた学生のころを思い出しました。
(遠い目)
posted by おくさま at 18:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。