2011年09月27日

学校へ行こう!

この秋、学校訪問コンサートでいくつかの学校を回っています。





どこの学校も生徒さんが少ないですね・・・
昔は、体育館いっぱいにいたように思いますが・・・




とある小学校でのリハ風景

DSC_0401.jpg






とある中学校では音楽室でリハ

DSC_0473.jpg






よその学校には、こういうことでもないと入ることがないので、
おもしろいですね〜。
学校ごとに、雰囲気があって、
それは、建物だけじゃなくて、
先生たちとか生徒さんたちが作ってる雰囲気なんでしょうね。

最初の小学校では、終了後、生徒さんたちが退場する時に、
出演者が並んで、どんどん握手をしていきました。

「ありがとうございました〜」「えへへへ」「どうも」など
なにか一言言う子もいるし、照れ笑いをする子、
ぐっと握る子、さっと離れて行っちゃう子、
いろんな子がいました。





中学校に行くのは、私は初めて。
いまどきの中学生はどうなのかな・・・と思っていましたが、
みんな良い子!

やっぱり思春期だなと思うところもありましたが、
一生懸命聴いてくれたし、反応がおもしろい。

個人的には、昔勤めていたころ一緒だった先生がいたりして、
久しぶりにいや〜な緊張をしたのですが(苦笑)
それでも、彼らの反応のよさに、助けられたというところです。






後日、小学校から生徒たちの感想文が送られてきました。
かわゆい〜〜〜〜。

DSC_0426.jpg







音楽が好きな子、そうでもない子、いろいろいると思うけど、
ちょっとでも、あ、楽しいじゃん、って思ってくれてたらいいな。
そういうきっかけになっていればいいなと思います。
posted by おくさま at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みゅうみゅう

いち早く、天神にできたレソラ天神に行ってきました。

DSC_0429.jpg






貧乏学生の頃、新宿のバーニーズニューヨークに、
用もないのに入ってみたりしていたので、
ちょっと楽しみ。

もちろん、お金ないダサ子オーラ全開だった私は、
お洋服なんて、高いのがわかっているので、触るのもおこがましく、

ちょっとした雑貨を、

あら〜すてきね〜

みたいにちょっと手に取ってみたりするものの・・・


・・・

・・・

・・・


いたたまれなくなり、短時間ですぐおいとましていたわけですが。






でももう私も大人。
お洋服だって、手に取ってみたり、



・・・・・
・・・・
・・・


したけど、やっぱり高くて、いたたまれなくなった・・・・・




アロマ雑貨のにおいを、くんかくんかしたり、
店内で最も安かったメモパッドを手に取ってみたり、
子供服のフロアで、これまた最も安そうであるタオルハンカチを買おうか迷ってみたり、

そ、そして退出・・・



だ、だって、おしゃれなファッションピーポーたちや、
ダサいけどお金持ってそうな年配客でごった返していたんだもん・・・
ダサくてお金も持ってない私に、入り込む余地なし・・・







・・・いやいや、そんな私がレソラに行ったのは、
実はオープン記念のライヴのためです。

坂本美雨とテイ・トウワ。









坂本美雨たんは、坂本龍一の娘。
ファンの間では、小さなころからの有名人。
そんなのは、きっと彼女は耳タコだろうし、いやだろうと思うけど、
最近、ちゃくちゃくと歌唱力を伸ばし、活躍中。

彼女のいいところは、こねくりまわさない素直な声。
もう少し安定すると、もっとよくなるね。

印象的だったのは、手。
色白で、指が長くて、手タレみたいな美しい手でした。

私も美白がんばろっと(毎回言ってるけど?)





10月から、FMで司会をするそうです。(「ディアフレンズ」)
応援しています〜。





その後、DJがつないで、ドリンク飲んだりしてたら、
いよいよテイ・トウワ。

テイ・トウワも、デビュー当時から聴いていますが、
もうすっかり大御所感。

1時間弱のプレイで、ホールがデスコに!!!(笑)
「セプテンバー」上がった〜!

私の前に、黒人の女性がいたのですが、
超スタイル良くて、ノリノリで、カッコよかった!!!

それと、顔は全然似ていないのですが、
胸元ががっつり開いた全身黒のお洋服で、
黒髪ロングストレートのセクシーな小雪みたいなお姉さんがいて、
見惚れてしまいました。
あれは絶対、フツーの人じゃない!



そして、大好きな「Luv connection」を最後にかけてくれた!
頭の中が、
キターーーーー
となりました。

超萌え、いや燃えました。







オープン二日目、しかもホールはこけら落としということで、
関係者ぽい人が多く、
ちょっと美雨たんとかテイ氏とかには、気の毒だったかも。
(純粋なファン、という人は多くなかったように見えた)







レソラのショーウインドウ。ステキだ・・・

DSC_0430.jpg


posted by おくさま at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

町の真ん中で〜大盛り上がり〜

クラムボンのライヴに行ってきました〜。
最近、毎年行ってる気がするなー。





このツアーは、「ドコガイイデスカツアー」といって、
どこも小さな会場ばかりでやっています。
酒蔵、芝居小屋、レストラン、カフェ・・・




福岡は、柳川の御花でしたが、私はその日行けなかったので、
熊本のチケットを取りました。

チキンラーメンの路面電車、発見。

DSC_0397.jpg




会場は、下通りから入った、レストランjang jang go

DSC_0399.jpg




ビルの最上階にあるレストラン。
半分は、屋根のないオープンスペースで、まるで野外コンサートのよう!
だんだん暮れていくにつれ、星や月が見えて、風もいい気持ち。

メンバー登場。
「この辺空いてるよ〜移動したら〜」のMCで、
若い子たちが、どどーーっと移動。
ゆるいなー・・・

しかも、「前も空いてるしね」などと言ったものだから、
ただでさえステージもなく、メンバーと近い会場なのに、
メンバー前の空間の地べたに、10人ほど座る。

わー、それはさすがに図々しくない?(笑)
本人たちも、あらホントに来た(苦笑)って感じだったけど・・・

アラフォーになると、さすがに遠慮というか気遣いというか、
そういうことはできなくなりますね。

まあ、行ったもん勝ちなんだろうけど。
実際、真ん前の子がピックもらったりしてたし。







ライヴは、ガーっと盛り上がったり、じっくり聴いたり、
新曲やったり、手拍子足鳴らしで参加したり。
会場ごとに、音の鳴り方や雰囲気が違うから、セトリ変えてるらしいです。
そのへんはさすがって感じ。
新しいアルバムが出たから、それをたくさんやります、
というライヴではないので、古いファンも新しいファンも楽しめる。


そういう私は、
「復活記念」「痩せた記念」と言ってやった
岡村靖幸の「カルアミルク」が一番盛り上がったり(苦笑)
人の曲だというね。







そして、衝撃!
これはホントに衝撃的だったので、ツイッターでもmixiでも書いたんだけど、

その前に座った若者たちの中の二人が、





写真を撮り始めた!




まじすか!




デジカメとケータイ、交互にけっこう撮ってた。
ぽかーんとしてガン見してたら、
そのうち、お互いに撮りあったり、自分撮りしたり!




え!!!!演奏中ですけど!!!
メンバー、超熱演してるところですけど!!!!

さすがに、そばにいた人が注意していましたが、
最初それすら「え?だめなの?」みたいな雰囲気でした。




たしかに、会場もメンバーもゆるい感じでしたけど、
最低限守るべきマナーってあるよねー。

というか、彼女ら、撮っちゃいけないって知らなかったの?
ホールだと、最初にアナウンスがあったり、係員が注意したりするけど、
ここではそういうのなかったからね。
でも、それ、言われないとわかんないようなこと?

あれですか、ゆとりってやつですか?





その後、ぐぐったりしてみたけど、このことを書いている人はいなかった。
みんなライヴを楽しんでいて気付かなかったのかな。
私は、それを気付いてしまったために、ものすごく嫌な気持ちになった。
このライヴで一番何が印象に残ったかって、これだからね。




もし何かの拍子に、本人やその友だちがこの文章を読んだら、
ぜひ教えてあげてください。

すごーく恥ずかしいことですよ、って。
場所が場所だったら、カメラ取り上げだけじゃなく、
ライヴ中止ってこともありえる行為です。

基本、会場内自体も撮影禁止だと思うんだけど、
みんなガンガン撮ってて、あら〜〜〜と思いました。
ゆるいな〜〜〜

こういう風に思うのは、私がオババだからですか?
若いお客さんが多かったからね〜。
ちょっとイラ〜ッとくることもあるんだよね〜、正直。
posted by おくさま at 09:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コクってきました

少し前になりますが、

コクリコ坂から

を観てきました。






【あらすじ】

舞台は、横浜の港町。
父を亡くした、主人公海。
毎日、海に向かって旗を上げている。
通っている学校では、老朽化した建物を取り壊そうとしているが、
部員たちがそれに反対、学校側と対立。

そんな中、出会う二人。海と俊。
最初から惹かれあう二人だが、実は出生の秘密があった・・・







まず、映画の冒頭。
カチカチカチ・・・と規則的なメトロノームの音。
そこへピアノが入って、映画が始まる。
この始まり方はとてもよかった。

全体的に、ピアノをフィーチャーした音楽で、
主題歌を歌う、手嶌葵の歌がちりばめられる。




てきぱきと家事をこなす、主人公。
この主人公の位置がいまいちわかりにくい。
このうちは、どうやら下宿らしいのだけど、
なぜ彼女が家事をやっていて、母親はなぜいなくて、
という説明がない。
想像で理解するしかない。

それから、主人公の「海」という名前も。
まわりからは「メル」と呼ばれているのだけど(メールからだろう)
その説明もないから、この子の名前ってなに?って思いながら見続けることになる。

もしこのアニメが、大人に見てほしい映画!と作られたものなら、
それでいいと思うのだけど、
ジブリはどう考えていたのだろう?




二人の恋愛模様が核となっているのだけど、
戦後のごちゃごちゃで、出生の秘密があり、
惹かれあうものの、ダメになってしまう。

この秘密っていうのが、もう、あきれるんだけど、
CMでやってた!!愕然・・・
それ、この物語の肝じゃないのか・・・

実際、映画の中でも、もっと苦悩していいんじゃ?て感じで、
海は
兄弟でも好き、ずっと好き」(一応色変えてみました)
なんてはっきり宣言したり。
え??いいのそれで??




映画オリジナルの設定だという、カルチェラタンは、
古き良き時代の遺産という感じでよかった。

ステンドグラスの窓、ごちゃごちゃと趣味のものが置かれまくった部室。
文化的な好奇心のつまった建物。






あとやっぱり、どうしてもいやなのは、
映画の最初に、キャストが出ること。

ジブリ映画って、声優使わない主義なのかな・・・?

別に、この俳優さんたちがへたくそとか言いませんが、
最初に、よく知った名前を出されると、
その役の後ろに、その役者さんの顔がちらついてしまう。










悪いところばっかり書いてしまった感じだなあ。

よかったところも書こう。

冒頭のメトロノームと、朝ご飯のうた。
手嶌葵の新しい魅力を感じるうた。
カルチェラタンのステンドグラス。
徹底的に掃除をする場面。気持ちいい。
生徒たちのリーダーのメガネくん。
ガリガリ手で書く、プリントの原稿。





しっかり者の主人公が、女の子になってわ〜〜っと泣く場面がある。
早くに亡くなった父の夢を見る場面。

自分がしっかりしないと、という思いからか、
普段は、家のこともやり、学校でもきちんと勉強をし、
カルチェラタンの友人らの手伝いをし、兄弟の面倒をみる。
喜怒哀楽を大きく表すことも少ない。

海に出ていた父が帰ってきた。死んだんじゃなかったんだ!
(父は海で亡くなった)
「大きくなったな」と頭をなでてくれるお父さん。
小さな女の子になって、号泣する主人公。
背筋を伸ばして、凛々しく生きてきた彼女の素の部分。
でも、実はこれが夢だということは、うすうすわかっていながらの夢。

このシーンは、周りの観客はそれほど泣いてなかったけど、
私一人、猛烈に泣いてしまった。あぶなかった・・・





NHKで、宮崎親子のこの映画のドキュメントをやっていた。
ぶっちゃけ、この二人のぶつかりあいの方が、よほどドラマティックだよ・・・
愛するが故の罵りだったり、落胆だったり、開き直りだったり。
ジブリは、いつかこの二人の物語を映画化するといいと思う。
posted by おくさま at 09:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

ちょっと森高千里似

奥村愛さんのリサイタルを見てきました。





奥村さんは、お若いヴァイオリニストです。
チラシの写真も美しいですね〜。
やはり、これからの演奏家は、見た目大事〜〜〜。
 
DSC_0390.jpg




紫のドレスで、さわやかに登場。
演奏も、さわやかでした〜。

私の個人的なイメージでは、ヴァイオリンソロって、
こう、眉根を寄せて、くーっと感情が入った、
情念みたいな演奏・・・

しかし、この奥村さんは、お若いこともあってか、さわやかです〜。

前半で演奏された、サン=サーンスのヴァイオリンソナタ、
とても難しそうでした。
しかし、伴奏者とも熱演で、引きこまれました。

せっかくMCで、2楽章です、とお話してくださったのに、
楽章間で拍手が起こってしまい、がっくり・・・
お二人も苦笑い・・・ですよね〜。




ところで、この伴奏者さん、加藤昌則さんとおっしゃって、
ピアニストで作曲家さんでした。

前半では、ちょっとつまらなそう?に見えて、
あれ?もしかして、二人仲悪いの?くらい思ってたのですが(爆)
(だって、目も合わさないし〜)

後半、お話をされて、実は面白い方だとわかりました。
そして、二人のコンビはもう長く、年間30本近くやってるとのこと。
そりゃー、アイコンタクトなくても息が合うのかもですね。





演奏もして、お話もして、って大変だと思いますが、

こうやって、その人柄なんかもわかって、
どういう思いで演奏されているか、ということや、
音楽以外の部分の素の部分も見えて、
その上で演奏を聴くと、さらに興味を持って聴けるのでいいなと思います。

そのへんは、プロなので、余裕もありまさーね。
うーん、私もがんばらねばです。




また、久留米のことを訊ねられたり。
全国を飛び回っている演奏家さんですからね〜。

久留米名物は?との問いに、(ラーメン以外で)
客席から「巨峰!」と出たのはおもしろかった。






このコンサート、なんと2000円。
石橋文化センター様、ありがとうございます。




とはいえ、プログラムがなかったのが残念。









聴いているときに、どーもなんか伴奏者さんのお顔に見覚えが・・・
とか思っていたのですが、
受験の頃に少し習っていた先生に似ていらしたのでした。

思い出して、帰ってからぐぐってみたら、
教授になってた!先生、よかったですね〜。

当時は、粘着質な感じで嫌いでしたが(爆)
今となっては、感謝しています。ホントです。ですよ。
posted by おくさま at 23:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラブラ

9月は、コンサート三昧しております。





☆9月1日

金聖響指揮シエナウインドオーケストラ@大牟田





オープニングアクトは、大牟田高校のブラス。
高校生たちが、それはそれは楽しそうに演奏。
それだけでもう、ぐっときちゃいます(笑)





金さんの指揮、一度見てみたいと思っていたのでした。
背も高く、燕尾がとても似合っていらっしゃいました。

主席の佐渡さんとはまた違って、凛々しい感じです。
(佐渡さんは、汗だくになるから〜)



1部はブラス曲、2部は映画音楽、という構成。

映画音楽も、20世紀フォックスのジングルやスターウォーズやあれやこれや、
楽しくて、迫力あって、盛り上がるのですが、

私としては、やはりブラス曲がとてもよかった。聴き惚れました。

私は自分が声楽だからか、弦より管の音色の方が好きなのです〜。
なかでも、リード楽器が一番好きかな。

弦は弦のよさがあるのですが、
フレーズ感がちょっとまた違う感じがするのですね〜。

息を使うので、その人のコンディションがまるっと出る気がします。
そのへんもうたと一緒かな?


管楽器のアンサンブルもうっとりだったし、
金管の華やかさったら!
あの繊細さと、迫力が魅力かな〜。

パーカッションも、すごい数があって、数人の奏者は行ったり来たり忙しい!
オケの演奏会を観に行くときの楽しみの一つです。




とっても盛り上がって、アンコール。



「楽器持ってる人〜おいで〜」



???




そうなのです、実はシエナはこれが恒例!
アンコールで「星条旗よ永遠なれ」を、お客さんも交えて演奏するのです。
なので、知っている人は、楽器を持って、コンサートに来るのですね〜。

近くに座っていたお嬢さんたちも、さっとクラリネットやフルートを組み立てて、
ステージへ走って行きました。

ああああ、この時ほど、楽器だったら!!と思ったことはない!!



そして、数人が指揮者としてステージに上げられ、
すごい人数での演奏。
楽しそう〜〜〜〜〜〜。

もう、大満足でコンサートは終了したのでした。










自宅に帰って、さっそくレッスン室でごそごそ。
自分の中学時代のブラスバンドの楽譜があったはず・・・

あった!
アンコールで演奏した曲、たしか当時やったことがあったんだけど・・・
と思って探しましたが、楽譜はありませんでした。
しかし、懐かしい楽譜の数々が・・・
ああ〜よみがえる〜

DSC_0393.jpg






それから一番この日うれしかったのは、
中学校に勤めていたころの生徒を見かけたことです。

女の子ばっかりのブラス部にいた男の子。
おとなしくて、無口で、しかもチューバだったので、
もしかしてつまんないのかなー、大丈夫かなー、と思っていた子でした。

だけど、こうしてコンサートを見に来ているということは、
少なくとも、今も音楽好きなんだ!

当時、経験者とはいえ、うまいこと指導できなかったという、
うしろめたさがある私には、
彼をこのコンサートで見かけたことは、
もうみんなに言って回りたいほどうれしかった。

本当は声をかけたかったんですが、名前がどうしても思い出せなかったのと、
そのうしろめたさがあって・・・




でも本当にうれしかったー!!!
楽しくてうれしくて、とても幸せな夜を過ごせました☆

posted by おくさま at 22:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年の夏は

節電のため、今年は緑のカーテンが話題となっていますね。

我が家は、緑のカーテン関係ないのですが、
以前から育ててみたかったので、ゴーヤを植えてみました。



みるみるつる状に伸びました〜!
そして、待ちに待った実が!




あ、あり?小さい・・・
まあ、そりゃあそうです、肥料もお手入れもしてませんからね。

DSC_0346.jpg




もうちょっと太らせてから食うか、ククク・・・






て、翌日もう黄色くなってた!ひー!

DSC_0387.jpg





なんなの、玉手箱でも開けたの??
がっくりです。

たった二つしか実がならなかったので、
もう一つの小さい方を、あわてて収穫。

DSC_0362.jpg





そして、一緒に植えていた、おくらも小さいのが一つなっていたので、
もう収穫することに。

DSC_0376.jpg





うーん、簡単でたくさん、と聞いていたのに・・・
やはり、ちゃんとお手入れしてあげないといけないのですね。
(当たり前)






しかし、以前はにがくてとても食べられなかったゴーヤ。
今は、しっかり下準備をしたら食べられるようになりました。
オトナになりましたよ〜☆












【おまけ】

なんとなく家にあったもので作った、リース。
ちょっとゴーカに見えますが、すべて100円ショップのもの。
ははは・・・・

DSC_0340.jpg
posted by おくさま at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の作った! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

もう2年前になりますか

以前の同僚と、久しぶりに集まって飲み会!しました。

2年前まで働いていたところです。
数人とは、今でも連絡を取っていますが、
みなさんそれぞれ別々になってしまったので、
なかなかそろうことはなかったので、

まるで同級会みたいなノリ!





お店は、De javu(これでデ「シャ」ブーと読みます)

DSC_0341.jpg




人数が多いので、3階のお部屋を貸し切りにしていただけました。
これが、ソファがあって、ちょっと洒落たインテリアで、
まるで誰かのおうちにお呼ばれしたみたいな、居心地の良さ。

お料理も、ちょっと凝ってて美味しい。

DSC_0342.jpg




お肉にこだわった、しゃぶしゃぶも人気です。
ちょっと変わった、トマトスープのしゃぶしゃぶも!

DSC_0344.jpg






まーなにしろ、女性ばかり8人ほど、しゃべるしゃべる。
今のお仕事のことや家庭のことなど、
みんなそれぞれに大変だったり、悩んでたり、落ち込んでたりしていたのですが、
あの頃みたいに、バカみたいに大笑いして、
おかげで笑い飛ばして、元気になってしまいました。

仕事の仲間だったわけですが、
こんな風にいつまでも変わらず、ぎゃっはっは!ってなれるのって、
本当にありがたいなあと思います。
いい環境だったと思います。

当時私は、近くに友だちも一切おらず、
とりあえず勤めてみたものの、同僚のみなさんとの距離もちょっとつかめず、
といった感じでした。

後で知ったのですが、実はすごく見守ってもらっていたり、
心配して声をかけてもらったり、誘ってもらったりしていたみたい。
おかげで、こんな風に今もお付き合いが続いています。

あの時、実は本業と全く違うお仕事ということで、ちょっと迷ったけど、
思い切って一歩踏み出して、勤めて良かったと思います。



そして、当時、私を助けてくれた人たちを、
逆に、今はお手伝いできたら、頼ってもらえたら・・・

そういう存在になりたいな〜と思えるようになりました。
本当に感謝です!

posted by おくさま at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のごちそうさま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休み最後の日曜日

8月28日、恒例となりました、夏のフロアコンサート!
無事終了いたしました。

ご来場くださったみなさん、ありがとうございます!




この数年、恒例となった夏のコンサートは、
夏休みということで、親子連れも楽しめるものを・・・というプログラム。
今回も、リトミックや手遊びなども取り入れつつ、
会場と一緒に楽しみました。





小さな子どもさんたちやご家族もゆったり見れるように、
今回は特別、座席の前の方は、カーペット敷き。

DSC_0364.jpg




おもちゃの楽器や、全員総出の演奏などもあり、
子どもたちが、前の方へ来て、じーっと口を開けて見ていたり(笑)
また、赤ちゃん連れの方もけっこういらしたので、
普通の座席よりも、見やすかったかな??





ピアニストU先生私物の、おもちゃのピアノ。
おもちゃとはいえ、れっきとしたKAWAIのもので、
ほぼピアノと同様の音が出ます。
もちろん、ピッチも正確。でも調律はしなくていいそうですよ〜(笑)

いい音で、出演者みんな「欲しい〜〜〜!!」

DSC_0365.jpg







夏休み最後の日曜日、ということで、
もしかすると、小中学生は宿題が・・・いやいやいや。
いつもより、小さなお客さまが多かった気がしますが、
楽しんでいただけたかな〜?






次回のフロアコンサートは、12月クリスマスコンサートです!

posted by おくさま at 18:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。