2011年11月21日

最近の演奏会3つ

◆10月23日 井上あずみ ファミリーコンサート

井上さんは、ジブリ映画の主題歌をたくさん歌っている人です。
「さんぽ」で始まり、たくさんのジブリ映画の名曲を歌われました。

な、なぬ?46歳!?(ママさんです)
でも、かわいい衣装!お話も上手。さすが。

ギター、ヴァイオリン、チェロ、ピアノと、カルテットも参加、
クイズコーナーなどもあり、
とても楽しいコンサートでした。




デビュー曲の「天空の城ラピュタ」のテーマ曲「君をのせて」は、
歌う機会が多く、しかも名曲!いい曲〜〜

しかしもう20年以上前の映画ですね・・・
とはいえ、今は小学校の教科書にも載っているとか。
定番化しています!





残念だったのは、あずみさん、ちょっとのどの調子がよくなかった感じだったことと、
地元の児童合唱が参加したのですが、
客席でケータイやらなんやらで撮影している人が多かったこと。

まあ、もういいや・・・







◆11月6日 マンドリンコンサート

DSC_0670.jpg





以前勤めていた時のお知り合い、マンドリンさん(HN)が出演される、
マンドリンオーケストラの演奏会です。

去年も行きましたが、マンドリンは何とも郷愁を誘う音色なのです。
今年は、プロのマンドリニストも出演。
これが、予想以上にすばらしく、もう見いってしまいました。

なんでもそうなんですが、その楽器のために書かれた曲っていうのは、聴きごたえがありますね。
今回も、マンドリンのための曲をいくつか演奏されたのですが、
他の映画音楽やポピュラー音楽より、ずっと魅了されます。

しかし、ステージも客席も、
年配の方が多いのはなんでなのでしょう(笑)






◆11月15日 佐藤しのぶリサイタル

DSC_0701.JPG




佐藤さん、チラシでとてもやせていらしたので驚いていたのですが、
実物、超細い!そして巨乳!(笑)

カルメンとミカエラ二役を歌う、というコンサートで、
オペラ「カルメン」のハイライト的なものでした。

しかし、ハイライトとはいえ、二役はすごい。
だいたい、カルメン=メゾソプラノ、ミカエラ=ソプラノが歌うのですが、
それを両方とは。
しかも、カルメンはけっこう踊ったり騒いだりカスタネット鳴らしたり、
忙しい上に、どんどん歌って、はーすごい。


客席通路から登場した佐藤さんに、客席ざわざわ・・・
あちこちで、きれい〜!の声。
カルメンの衣装に身を包んで、軽やかに登場、さすがです。

テノールの村上公太さんも、とても素晴らしかった。
ずっと男声に興味なかったのですが、この頃、テノールの魅力に目覚めています。



「カルメン」が終わって、少しトーク。
なぜ、二役やろうと思ったかというと、
カルメンって悪女というイメージがあるけど、実は女性誰にでもある性質なのでは?
原作にない、清楚な女性ミカエラは、カルメンと対比的に設定されているけど、
女性はどちらの面も持っているんですよ、と感じてほしかった、とのこと。

カルメン、ミカエラ、そして最後の乾杯の歌と、すべて衣装・髪型(髪の色含め)変えて登場し、
会場の笑いもとり、テノール氏も持ち上げ、退場の際にはさんざん手を振り、
再度出てくると見せかけて、ちらっとのぞいて見せたり、

プロのサービス精神、に脱帽でした。




posted by おくさま at 16:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。