2011年01月06日

三途の川を渡ってみた

初詣で歩いて近所の成田山に行ってきました。

久留米成田山は、でっかい観音様(62m)がいらっしゃって、
これは遠くからでもよく見えます。

その観音様、実は中に入れるようになってるんですね!
せっかくなので、登ってきました。

どど〜〜〜〜ん。
普段、見なれている観音様ですが、間近で見上げると迫力があります。

NEC_2114.JPG



内部の階段を、よいしょよいしょと登ります。
けっこうきつい!!

NEC_2110.JPG





しばらく登ると、今どのあたりか、書いてあります。
へ〜、今ひざのあたりかあ、などと想像しながら、ふうふう登ります。

NEC_2109.JPG



頂上、といっても、のぞき窓があって、展望できるだけなんですが、
かなり高いです。
観音様は、いつもこの風景を見ていらっしゃるのですね〜。
我々がなにをやっているか、お見通しかな?

下りの階段は、しまいにゃ〜ひざが笑いだしました・・・オババだなあ。



観音様の後ろには、たくさんの羅漢が。

NEC_2112.JPG





仏足といって、お釈迦様の足跡もあります。
これを踏むと、インドの仏跡をお参りしたのと同じになるんだそうです。
あ、お釈迦様って、ホントに偏平足なんだなあ〜。

NEC_2113.JPG







さて、こちら、入館料500円なのですが、
隣にインド村というのがあります。

平和大仏塔極楽殿というのが正式名称?

お釈迦さまの彫刻や、誕生から修行時代、浬槃までを表した絵画などが展示。




そ、そ、そして、ここからがメインイベント。





ここで地獄を見ることができます。

「地獄」といっても、温泉でもなく、たとえでもなく。
本当の地獄です。
地獄とはどういうところで、どんな目にあうのか・・・

nec_2107.JPG



薄暗い建物の中を進みます。やはり地獄は、暗いのです・・・
髑髏たちに囲まれた門をくぐり、地獄へ。
入口に、閻魔さまがいらして、ちょっとお説教。あわわわ。

まるでお化け屋敷のような感じ。
突然、お化けが出てきて、おどかされたりはしないので、ご安心を。

ですが、そこに繰り広げられているのは、まさに地獄絵図。

生きながらに(いや死んでるか・・・)のこぎりでおなかを切られる罪人。
焼け火箸のようなものを口から打ちこまれる者。
地獄に落ちた者同士、殺し合い、いつまでも苦しみを与えられる者。
針山を登らされる苦痛を与えられる者。

そうやって、苦痛を与えられ死ぬが、また生き返らされ、永遠に苦痛を与えられる。




・・・という様を、おどろおどろしい人形で、生々しく表現。
そして、ゴゴ〜とかぎゃ〜とか、阿鼻叫喚ぶりがスピーカーで流される。

こ、これは、本当におそろしい。
子どもじゃなくても、夢に見そう。




おりしも、年末年始で猟奇殺人者の経歴を集めた本を読んでいたのだけど、
どんなに文章でおそろしい残虐の限りを読んだのよりも、
どんなにひどいホラー映画を見たのよりも、

やはり、この目でリアルな立体を見る方がこわい。






しかし、考えてみると、これに近い拷問や殺戮が、
本当に行われる事件がこの世には数々あるわけだから、

この世っておそろしいところだ・・・




遠方の方、自分を戒めたい方は、こちらのHPで地獄館ご覧ください・・・

http://www.kurume-naritasan.or.jp/
posted by おくさま at 14:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
行きました
私も
地獄へ
成田山にいつのまにかあんなものが!
ですよね

読んでる本もコワイなぁ
Posted by シュガ at 2011年01月06日 21:58
食に貪欲だと、地獄に落ちて拷問を受けるらしいですYO・・・

ああ、おいしいものを取るか、地獄行きを免れるか、悩む・・・

いやいや、どっちにしても地獄には行きそうだから、
もう遅い・・・
Posted by パスピエ at 2011年01月07日 16:55
きれいな空!
お天気でよかったね♪

怖いけど見ておいたほうがいいものもあるわ。。。
Posted by bennymama at 2011年01月07日 18:51
こちら、ずっと雪だったり、雨だったりです・・・
早くも、ウォーキングが中断、あう〜。

地獄は、教訓として見れるようなお年頃になりましたね〜。
ただ、「罰が当たるから」悪いことをしないという思考回路にならないようにはしたい。
Posted by パスピエ at 2011年01月08日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。