2011年05月09日

Lfjt〜2日目

盛り上がってまいりました、ラ・フォル・ジュルネ鳥栖!

二日目は、我々、ボランティアで参加です。
受付をすませ、バッジを装着!

スタッフは、みんなこのLfjtTシャツ着用です。
普段だったら、絶対に手にしないような鮮やかな真っ黄色のTシャツ!
LFJのテーマカラーです。

P1020781.JPG




バッジは、二種類。
「とどけ音楽の力!ひろがれ!音楽の輪」

P1020782.JPG




我々は、午後からの参加だったので、演奏会開始までまだまだ時間がある。
少し見て回っていいということでしたので、
この日のホワイエの演奏を観に行くことにしました。

大正琴の演奏。

P1020770.JPG




大正琴といえば、演歌というイメージですが(笑)
演奏するのは、やっぱりベートーヴェンを中心としたクラシック音楽。
不思議な感じです。

まるで、チターのような響き。
大正琴では、あんまりこのような早いパッセージを弾くことはあまりないでしょうから、
大変だったんじゃないかな〜。

今ちょっとぐぐってみたら、大正琴は、日本人が発明した楽器なんですね!





その後、オープニングセレモニーが。
実は、昨日はプレで、6・7日が本公演なのです。

市長さんやLFJディレクターのルネ・マルタンさんらの、
熱いメッセージ。

司会は、長崎アナです。かわいかった(ミーハー)。

P1020773.JPG





そして、昨日に引き続き、川井郁子さんの演奏です。
相変わらず、めっちゃ人に囲まれているのに、陶酔の演奏。すごい〜。

P1020774.JPG





しかし、平日なのに、けっこうな人出。
すごいです。心配してたけど、全然そんな必要なかった。

有料プログラムのチケットもほとんど売り切れていた様子。





その後、我々は、小ホールのスタッフとなりました。
お仕事は、チケットのもぎり、会場整理、入退場の案内など。






まず、野原みどりさんの公演。
けっこういっぱいです。
ドンドンお客さんが来るのですが、どうやら駐車場が混雑したらしく、
駆け込んで来る方も多く、
残念ながら、開演後に来られた方も多かったのです。

演奏中は、会場には入れません。
曲間でささっと入りますが、それでも遅れて来る方が・・・
本当に残念ですが、会場に入れて差し上げることができませんでした。



その後、クレール・デゼールさんのピアノ。
これは、中で聴いてもいいと言われ(もちろん立ち見ですが)
喜んで見せていただきました。

とても長身な、クレールさん。
ヒールを履いていらしたので、ますますすら〜っとされていて、
ホールが小さく見えました(?)。

しかし、すばらしい演奏。
さすがに立ち見はきつかったけど、堪能しました。





我々の参加時間は、ここでおしまい。
とても有意義な時間でした。

コンサートには、出演したり、観たり、という楽しみもありますが、
こうやって裏方としての楽しみもあるのですね〜。
・・・といっても、数時間のことだし、表面だけのお手伝いでした。
全体を仕切っているコーディネーターや、
クレームを受けるスタッフなどもいて、
こういった大勢の方たちの力があって、コンサートが出来上がっているのを、
すこ〜し感じることができ、
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

スタッフの対応や、演奏中の子どもの声、会場後の客入れ方法など、
いろいろクレームが来ていたようです。
ちらっとしか目にしませんでしたが、
お客さんの立場、スタッフの立場、演奏者からの立場と、
それぞれ感じ方が違うので、
難しいな〜と思いますが、

このコンサート自体は、クラシックを身近に、という趣旨でやっているので、
そのあたりの理解がない方もいらしたようです。

また、子ども連れOKという部分でも、難しさを痛感。

私たちがお手伝いした、2公演は、どちらも3歳以上ということでしたが、
やっぱり途中で退席せざるを得なくなったママさんがけっこういました。

前述の通り、普通のコンサートとは違うとはいえ、
やはりあの張りつめた静寂の中で、子どもがぐずれば、
周りも演奏者も、そして一番は親が気になって集中できないですよね・・・

そういう意味でも、5日の子どもの日公演と、本公演の二日間と、
客層が全然違ったのは印象的でした。









最後に、参加した3人で記念写真。
本邦初公開、サウンドイッチのメンバーです!

P1020776.JPG







音楽を楽しみ、音楽について考えた一日でした。

つづく・・・
次回は最終回!(やっと!)
posted by おくさま at 18:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パスピエさんの
音楽を愛する心が
いっぱい溢れてました
ちょっとカンドー

川井郁子・・・・
見たかった・・・・・
Posted by シュガ at 2011年05月10日 21:17
参加したみなさんが思ってたんじゃないでしょうか。
これが成功することって、大きな意味があると思いますから。

で、川井郁子さん(笑)
とにかく人の頭越しにしか見れなかった・・・
Posted by パスピエ at 2011年05月11日 08:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。