2011年12月09日

籃胎漆器、その後

先日、製作体験をしてきた籃胎漆器ですが、
色のせが終わったということで、削り出しをしに行きました!


私は、青と白を選んでいましたので、こうなりました↓

DSC_0781.JPG




これを、紙やすりで削ると・・・
下の青が出てきます〜。きれい!

DSC_0785.JPG




日常的に気軽に使える籃胎漆器、というコンセプトで作られたものなので、
編み編み以外の部分は、つるっとした平らな状態。
そこに、自由なデザインで削って模様を描いていきます。

・・・自由って、難しい・・・

他の方のを見せていただきました。





白にピンクをのせた方の作品。ほわ〜。春に作られたものだそうです。

DSC_0782.JPG




茶色もいいなあ〜。

DSC_0783.JPG




自由に、と言われ、ポカーンと手が止まってしまいましたが、
他の方の作品や、工房の末吉さんのアドバイスを受け、なんとか作業再開。

こんなんなりました。

DSC_0787.jpg




ううう〜〜〜〜ん・・・
母と二人、センスのなさにがっくりしながら、なんとか終了。

あとは、これにつや出しなどをかければできあがりだそうです。
楽しみです!!
posted by おくさま at 11:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の作った! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
作るのものすごく難しそうです
完成品は結構な値段だし

そうそう
昔、商工会議所の人が言ってましたが
老舗っぽい店でも
ほぼ完成品を中国から輸入してる店もあるそうです
なんかほどけやすいとか

きちんと一から製作ってすごいですよね
Posted by しゅが at 2011年12月16日 00:10
これは、編み編みの部分も削る部分も少ないので、
短時間でできましたが、
ちゃんとしたものは、時間かかるでしょうね〜。

そして、そういう中国産などの安いものが入ってくるので、
ちゃんとした材料でちゃんと手作りで作っているところは、
もう少ないそうです。
Posted by パスピエ at 2011年12月22日 08:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。