2012年05月15日

Come on FANKS!(笑)

いろいろありましたが、
TM NETWORKが活動を再開しています。

私がTMを知ったのは、忘れもしない中学校1年のことで、
当時読んでいた週刊少年ジャンプで連載していた「シティハンター」がアニメ化し、
その主題歌として「GET WILD」が流れ、


がびーん!!かっちょええ!!


となったのです。

「シティハンター」の、コメディなんだけどハードボイルドな世界観と、
TMの音楽がマッチしていて、
中1女子の心はがっちりつかまれちゃったのです。

1組の大久保さんが、たてちゃ〜〜〜ん!買ったよ〜〜〜!!
とシングル盤(もちろんレコード)を持って廊下を走ってきたことを、
鮮明に覚えています(笑)

もともとYMOファンであった私は、
シンセをあやつる小室哲哉の姿にキラ〜ン☆となり、
(たくさん並べていたのは、実はパフォーマンスだったのですが)

すっかりFANKSの仲間入りとなったわけなのです。
(※FANKSとはTMのファンを表す言葉。笑)





2014年に、30周年を迎えるTM。
2014年から、タイムマシンに乗って、今年にやってきて、このライヴをやってくれたんです!(笑)

え?タイムマシンだって?
そう、TMは、宇宙から地球の文化を調査する任務で派遣された宇宙人3人
なんですよ!(ここ笑うところ・・・じゃないのがすごい)

このコンサートが、全国+台湾などで生中継され、映画館で見られる、
ということで、行ってきました。
いろいろ書きましたが、私がファンだった頃は子どもで、
大人になってからは、どうでもよくなってしまって(笑)
ライヴを見るのはこれが初めてなのです。



Xd0mC.jpg



Tジョイへ。
シアターに入ると、おお〜見事に30〜40代。
親子連れもいます。お母さんに連れられて来たんだね〜、ぼうや。






カウントダウンが画面に表示され、
舞台上にはUFOらしき装置が。

http://www.facebook.com/TMNETWORK.Official#!/photo.php?fbid=429790190384247&set=a.417887024907897.110774.414537405242859&type=1&theater

3人はそこから降りてくる、という演出。
うわ〜・・・(笑)
でも、そんな演出すらも、TMらしく、ファンにはうれしいのです(笑)

ベルベットのスーツを着た三人。
TMを演じる三人。
この徹底した演出が、TMのキモでもあるんですね〜。

3人とも、老けました。
そりゃそーだよね、私が中学生からアラフォーになってるんだからね〜。
でもファンのフィルターがかかった目線では、
てっちゃんは今でも王子だし、ウツは今でもセクシーなのです。
(木根さんはあまり変わらない・・・笑)





懐かしい曲、あれもこれも!!!!
もー!!!もーー!!!!
ライヴの半分は泣いていたと言ってもいいくらい、
なんなんでしょう、このあふれ出る涙は。

ほとんどMCを入れないのは、昔からなのですが、
昔よくライヴでやっていた、メンバーがそろってくるんと回るというフリとか、
よく言っていたセリフとか、
小室のひどい運指とか(笑)←アップになるとわかる、ひどい指の形と運指なんです・・・
なにもかもみななつかしい!!





途中、システムダウン??というトラブル。
音が途切れ、電源が落ち、あれ?あれ?とあわてるスタッフ。
・・・な〜んて、これも実は演出。
小室のシンセプレイに合わせて、花火がドーン!バーン!
派手なの好きだよね〜、相変わらず。




地球に降り立ち、もうすぐ30年になろうとしている3人(笑うところ・・・)
この30年で、地球上にはいろんなことがありました。

(この、「地球」とか「惑星」とかを歌っているところも好きなところだったな)

スクリーンにうつされる、3人(実質小室)からのメッセージ。
「地球に潜伏してわかったことは、人間はどんな困難も乗り越えられる力を持っている」
(みたいな感じだった)

演出とわかってても、TMの相変わらずのパフォーマンスとわかってても、
なんかこれにはぐっときました。



しかしもう一度言いますが、3人は地球に潜伏している宇宙人・・・
最後は、また母船に帰っていきました・・・(笑うところ・・・もういいか)




もうすっかり、マスカラがドロドロになるほど泣いた私は、
再び、画面にカウントダウンが映し出される頃には、抜け殻のようになっていましたよ・・・



【公式から拾ったセトリ】

01. OPENING(Instrumental)
02. We love the Earth
03. ACTION
04. Human System
05. SEVEN DAYS WAR
06. Come on Let’s Everybody (Come on Let’s Dance+Come on everybody)
07. GIVE YOU A BEAT
08. Nervous
09. 1974
TK Key Solo
10. BEYOND THE TIME
MC
11. I am
MC
12. Just One Victory
13. Get Wild
14. Wild Heaven
15. Be Together
16. Self Control
17. Electric Prophet
18. TIME MACHINE




posted by おくさま at 10:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおTMですか〜。懐かし〜。それほどハマってた訳じゃないけど、セットリストの曲名を見る限りでは、八割方知ってる曲だ〜♪。
Posted by なおみん at 2012年05月31日 12:05
なおみんちゃま
そうでしょ!
こんなに暗譜ができなくて困っているのに、
この辺の曲は、ちゃーんと覚えているのよね〜。
Posted by パスピエ at 2012年06月12日 10:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。