2012年05月21日

今年もフランス発!

ラ・フォル・ジュルネ鳥栖!
やったー!今年も開催です!!

2年目、ないかも・・・と多くの人が心配していましたが(笑)
よかったです!

今年のテーマは、「サクル・リュス」ロシア音楽です。

DSC_1619.JPG


ポスターその他、使われている絵には、
・リムスキー=コルサコフ
・チャイコフスキー
・ラフマニノフ
・ストラヴィンスキー
・プロコフィエフ
の5人の作曲家が。

今年も、GWの開催ですが、5日は行けなかったので、6日に行きました。



DSC_1621.JPG



ロシア音楽というと、やはりチャイコフスキー、そしてラフマニノフという感じ。
あとは、割と近代の作曲家が多くて、ちょっと小難しい印象。



今年も、美人ピアニストのみなさんたちと一緒にでかけました☆



1つめは、アンヌ・ケフェレックのピアノ。
会場が、鳥栖文化会館の2F研修室なので、とても間近で見ることができます。
演奏者の意向か、開場の空調は止めてあり、
もわっと暑くて、ちょっと集中力がそがれた・・・

リャードフという初めて名前を聞くような作曲家の曲。
不思議な曲たちでした。




2つ目は、九州交響楽団とアンドレイ・コロベイニコフさんの演奏。
超有名なチャイコフスキーのピアノコンチェルト1番〜。
ピアニストが、我々のよく知るバリトン氏にちょい似で(笑)
この後、ずっとNくんと呼ばれてしまいます(笑)
ステージに近い席なので、すごい臨場感。



その間、屋外ステージにて、川井郁子さんの無料演奏。
5日のチケットは早々に売り切れていた川井さん。さすが〜。
今年は去年と違い、写真お断りプラカードが出てました(笑)

3つ目は、ビジャーク姉妹の連弾。
これも研修室での演奏でしたが、ホントに驚くほどのシンクロ率。
いくら姉妹とはいえ、どう練習したらこれだけ息ピッタリにできるの??
それも、ストラヴィンスキーとか!
一同、ほえ〜〜〜〜〜。



近現代のちょっと難しいものが続いたし、
ちょっと勉強のためにも、ということで、
キッズプログラムものぞいてみました。

今年は、高校生や短大生などもけっこう出てました。
がんばってましたね〜!応援したいです。

DSC_1622.JPG




最後は、ヴァイオリンとチェロ、ピアノのトリオ。
小ホールの狭いステージということもありましたが、
ものすごいダイナミックな演奏!
弦の二人が、音も割れんばかりの熱演で、ひきこまれました・・・
ピアノは、先ほどのNくん似の彼。
ものすごい弦の二人を見て弾いてました。
アンサンブルってそういうことなんだよね〜。




合間に、今年も楽しみにしていた、九州のB級グルメのお店を回りました〜。

日田の焼きそば、ホルモンやきそば、大分のとり天などなど!

DSC_1620.JPG


佐世保バーガー今年も食べました!

DSC_1624.JPG




先日の試食会でもおいしかった、TSK48(鳥栖スイーツ企画)のお店もいくつか、
出店していましたので、
もちろん、頂きました〜!

DSC_1623.JPG



本当に、一日音楽を堪能できました。
根付かないかもと思っていましたが、去年も今年も大盛況だった様子。
来年も、ひきつづき、あるといいなあ〜。
posted by おくさま at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。