2007年04月04日

まっすぐのうた

大貫妙子の歌で、「まっすぐのうた」というのがある。




   キューピッドの矢のように まっすぐ
   レーザーの光のように まっすぐ

   まっすぐはとどく
   まっすぐは貫く
   まっすぐは跳ね返る
   まっすぐは終わらない

   赤ん坊の泣き声のように まっすぐ
   玉突きの玉のように まっすぐ

   まっすぐを生み出す力は まっすぐではない
   曲がりくねり せめぎあっている





詩は、谷川俊太郎。
この曲は、大貫妙子によく似合っている。
そんなまっすぐさにあこがれて、
今年、まっすぐな前髪にした、ワタクシであります!





それはそうと、




谷川俊太郎の詩は、前から好きで、
それも特に、歌に付けられた詩が好きである。



一番好きなのは、
合唱曲「春に」という曲の詩。





   この気持ちはなんだろう
   この気持ちはなんだろう
   目に見えないエネルギーの流れが
   大地から足の裏を伝わって

   ボクの腹へ胸へ そしてのどへ
   声にならない叫びとなって
   こみあげる
   この気持ちはなんだろう
   
   枝の先が ふくらんだ新芽が 心をつつく
   喜びだ しかし悲しみでもある
   苛立ちだ しかもやすらぎがある
   憧れだ そして怒りがかくれている
   
   心のダムにせき止められ
   よどみ 渦巻き せめぎあい
   今 あふれようとする
   この気持ちはなんだろう

   あの空のあの青に 手をひたしたい
   まだ会ったことのないすべての人と
   会ってみたい 話してみたい
   明日とあさってが一度に来るといい
   ボクはもどかしい

   地平線のかなたへと 歩き続けたい
   そのくせ この草の上でじっとしていたい
   声にならない叫びとなって
   こみあげる
   この気持ちはなんだろう



春をすごくよく、表現していると思う。

以前、中学校に勤めていた時は、
合唱コンクールで、難しい〜!!と文句たれる生徒たちに、
無理やりこの曲を歌わせて、
ほくそえんでいたわけだが。
木下牧子先生の曲も、また、ええんじゃよ〜。





さて、なにが言いたいのかと言うと、
つまり、



春だから、ちょっと心機一転、的なことで。
だって、じっと土の下で待ってたお花たちも咲き始め、
虫くんたちも、そろそろお目覚め。
(きみたちは、あんまり顔出さないでよし)

別れはあれど、出会いもある。
なんとなく、新しい気持ちになる季節。
去年の私は、そんなわけで、ベースを習い始めたのだが、
周囲の白い目をよそに、
意外にも辞めずに続けてまっす!!




今年は、どうしようかな・・・・・





ということで!




今年は、まっすぐをポリシーにがんばりますです!





手始めに、姿勢を意識してみることに。
歩く時は、けっこう気をつけてるつもり。
座ってる時がいかん。ばーさん状態。
肩こり腰痛もあるし、
ご用心ご用心・・・(いとうせいこう風に)





・・・3日目にして、
背中の筋が違えてしまいました・・・・・・・・・・・・
早速・・・・・・・







でもいいのだ。
気持ちが大事なのだ。

せめぎあいながら、私はまっすぐ生きたい。



posted by おくさま at 20:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のごきげん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
智に働けば角が立つ、情にさおさせば流される

この言葉は実は矛盾してない気もします
智に働きながら情もさおさせる
両立する気がします

ただ
まっすぐ行きたいと就職した当時先輩に語り
*多分純粋に生きたいと言ったような気も
「10年もたないね」と言われました
でも
これでも割と「まっすぐ」生きてきて
居心地の悪いときも

でもまっすぐに生きたい
まっすぐに生きたいですね
Posted by シュガ at 2007年04月04日 23:06
ホント、その通りです。
谷川氏はよく、
「せめぎあう」という言葉を使うんですが、
まさに、そういう感じですね。
 
何度も言いますが、
その気持ちを持つことをやめないでいたいです。
挫折しそうなことも、多々ありますが、
自己満足なんじゃないかと、
卑屈になることもありますが、

「せめぎあいながら」

まっすぐ生きていきましょう!



現実的なことを言うと、
・・・たくさん歌詞書いちゃって、
著作権に関わるかなあ〜(笑)なんて
Posted by おくさま at 2007年04月05日 00:16
まっすぐに・・・ ある意味 まっすぐに生きてきた母でした。 曲がった、歪んだことが大嫌いで それが故に 家族ともぶつかりあうことが多かったなぁ 自分は とても母のように まっすぐには生きていく自信はないけれど まっすぐにと言うより 正直に生きていきたい と思う。 母のことでは色々ありがとう。 そう言えば ちゃんと言ってなかったね 母は あなたのことがお気に入りだったから きっと喜んでるよ 母にかわって 自分から お礼を言うね
Posted by 友達 at 2007年04月06日 01:07
お礼を言われるようなことじゃないよ。
私には、なにもできていない。
もしかしたら、お母さんとは少し似ているかも?
おねえちゃまとも、ね!
Posted by おくさま at 2007年04月10日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。