2007年11月17日

物は壊れる人は死ぬそういうわけさママン

実家の犬が死にました。
トイプードルのメスで、あやくんといいます。
メスなんだけど、あやくんと呼んでました。

私が大学生の頃に、父が買ってきた犬で、
なぜ私に内緒で、私のいないときに買うかなあ(怒)
なんて言っていた覚えが。
その頃は、鹿児島に住んでて、その後熊本へ。
父が死んで、大牟田に戻ってきたときも、
母を支えてくれたわんこです。

もう14歳くらいだったのかな、高齢でした。

先週くらいから、呼吸がおかしくなっていて、
お医者さんから、酸素を作る機械を借りて、
透明なプラスティックの箱に入っていたんですが、
やはり、だめでした。

おりしも、
寒くなって、布団にもぐってくるようになったぼじと、
今年も一緒に寝る季節になって、
生きてるってあったかいってことなんだな〜、
って思ってたところなので、

きっと小さくなって、冷たくなってしまっただろう彼女を、
想像してなんだか頭が回らなくなっています。

呼吸がしにくくなっていたから、
きっと苦しんだろうと思うと、つらくなります。





そして、ひとりぼっちになった母を思うと、
私に一体なにができるのか、と思ってしまいます。

小さな包みになってしまったあやくん。
その小さな包みの前で、しぼりだすように泣く母の姿は、
父の死んだ時より、小さく見えます。

私にできるのは、せめて母の好きなパンを買っていくことくらいだ、
と思って、
実家の近くにできた、おいしいドイツパンの店で、
ナッツのたっぷり入った、ずっしり重いパンを買いました。

フランチェスカ

http://cowbakery.exblog.jp/i0/

p1000260.JPG

目を腫らした母だったけど、
おいしいと言ってパンを食べました。

p1000259.JPG

食べていると、パンくずがぽろぽろと落ちて、
いつもなら、それをもらいにくるあやくんが、
もういないのです。
これからは、二度とそれはないと思い知らされて、
また泣きました。

今までいたものがいなくなる、日常的にあったものがなくなる、
それは本当につらいことです。

命には限りがあることを、この歳になるといやでも、
何度も知らされているんだけど、
何度直面しても、慣れることはないし、
信じがたくて、混乱してしまう。

犬はしゃべらないし、手間もかかりますが、
じっとそばにいてくれます。
その体温に、私たちはどんなに救われてきたか。

我が家のぼじにも、いずれその日が来るんだけど、
とても想像がつきません。




父が倒れたのは、50歳の誕生日の1週間後で、
私は、誕生日にはお祝いに行ったものの、
まさか、そんなことになると思わず、短時間の滞在で帰ってきてしまった。
なぜあの時、もっとたくさん話しておかなかったのか、
そもそも、なぜもっと会いに行かなかったのか、
今悔やんでもどうしようもないことなので、
それ以来、やってみたいと思ったり、これはすべきだと思ったことは、
即実行に移す、思い立ったが吉日を実践しています。

1週間前に、忙しい中だったけど、
あやくんに会いに行ってよかった。
お父さんに、もうちょっと待って〜ってお願いしてたから、
1週間、きっと彼女なりにがんばって、
おかんと過ごしてくれたんだと思う。

あやくん、ありがとうね。








青空百景青空百景
販売元 : Amazon.co.jp 音楽
価格 :
[タイトル] 青空百景
[アーティスト] ムーンライダーズ
[レーベル] ポニーキャニオン
[種類] CD

>>Seesaa ショッピングで買う


posted by おくさま at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のごきげん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日、お客さんのわんちゃんの訃報を聞いて
お花を届けに行ったけれど
その家の奥さんもふとした時に見るといつもいたはずのあの子がいない・・・
いつも遊んでいた庭が広くなっちゃってこの光景に馴れることが出来るのろうか。
つい目で探してしまうのに、いないなんて嫌なものですね。と言っていて
私も話を聞いている最中に泣き出してしまい、
お客さんを慰めるどころじゃなかった・・・
お客さんのいっぱい楽しい思い出をもらって
感謝していますという言葉に救われました。

自分も含めていつだれがどうなるのか
わからないから、後悔の無いようにしなくてはね。
お母さんがあやくんの居ない生活に慣れるのには時間がかかるかもしれないけど
パスピエさんの気持ちに支えられているだろうし
ゆっくり元気になってくれればいいね。

しかし、今年は辛い年だ・・・



Posted by みほまめ at 2007年11月20日 00:46
ううう、みほまめたんのコメント読んで、
また泣いてます。
私は、一緒にいた時間が少ないけど、
おかんはずーっと一緒だったからねえ・・・

みほまめたんのとこは、
もっとそういう機会が多いんだよね・・・
でも、そのお客さんの言うように、
つらいばっかりじゃないんだよね、
ちゃんと楽しかったことがいっぱいあるんだよね、
それを忘れないようにしよう!
Posted by おくさま at 2007年11月20日 20:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。