2011年02月24日

灯りのおまつり 〜ランタンフェスティバルその1

あのオレンジ色の灯りって、なんであんなに人を惹きつけるんでしょうね。








長崎ランタンフェスティバルに行ってきました。
ずーっと行きたかったのです〜!やった!

ランタンというと、ハロウィンとかキャンプとかを思い出しますが、
もともとは、中国提灯のことなんですね。

長崎に住む、中国の方たちが、中華街で旧正月をお祝いしていたのが、
長崎全体のイベントとなったんだそうです。
1994年からですって。意外と歴史は浅いんですね〜。

この期間、市内には1万以上のランタンが飾られて、お祭りムードに。






我々、今回思い切って、申し込んでみました!

バス旅行です!

P1020473.JPG




普段ほとんど、バスに乗る機会がないので、
それだけでもちょっとしたイベントです。
遠足みたい!わくわく・・・

P1020474.JPG






お弁当がついてます!わ〜、ホントに遠足みたい!

P1020477.JPG




3時ごろ、長崎着。
まずは、平和祈念像に行きます。

P1020478.JPG



次に、お土産屋さんへ。こういうのは、ツアーでは仕方ないですね(笑)
カステラなど、しこたま購入。ああ、思うつぼ。




市内へ。ランタンフェス中は、やはり混雑しますね〜。

会場は、7つあって、それぞれでいろんなイベントが開かれています。
まずは、やっぱり中華街へ。
わ、ここは竹下通りか??

P1020483.JPG




中華風の飾りやお店で、もともと楽しいところだけど、
ますます派手に飾りつけてあって、わくわくする〜〜〜!

大きな龍のランタン!

P1020484.JPG





去年の干支のトラもいました。

P1020490.JPG




イベントを求めて、浜んまち会場へ。デパートなどのあるアーケードの通りです。
アーケードも、一面ランタンで飾り付けてあります。

P1020489.JPG




西遊記だ!

P1020494.JPG



三国志も!

P1020488.JPG




これは、・・・よくわからない(笑)蓮の花がステキ、我が家に欲しい!

P1020496.JPG




イベントスケジュールによると、中国雑技があるというので行ってみると、
黒山の人だかり。
なんとか背伸びして見ましたが、もうちょっと見やすいように改善してほしいなあ。

P1020499.JPG

P1020501.JPG









つづく。
posted by おくさま at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

三途の川を渡ってみた

初詣で歩いて近所の成田山に行ってきました。

久留米成田山は、でっかい観音様(62m)がいらっしゃって、
これは遠くからでもよく見えます。

その観音様、実は中に入れるようになってるんですね!
せっかくなので、登ってきました。

どど〜〜〜〜ん。
普段、見なれている観音様ですが、間近で見上げると迫力があります。

NEC_2114.JPG



内部の階段を、よいしょよいしょと登ります。
けっこうきつい!!

NEC_2110.JPG





しばらく登ると、今どのあたりか、書いてあります。
へ〜、今ひざのあたりかあ、などと想像しながら、ふうふう登ります。

NEC_2109.JPG



頂上、といっても、のぞき窓があって、展望できるだけなんですが、
かなり高いです。
観音様は、いつもこの風景を見ていらっしゃるのですね〜。
我々がなにをやっているか、お見通しかな?

下りの階段は、しまいにゃ〜ひざが笑いだしました・・・オババだなあ。



観音様の後ろには、たくさんの羅漢が。

NEC_2112.JPG





仏足といって、お釈迦様の足跡もあります。
これを踏むと、インドの仏跡をお参りしたのと同じになるんだそうです。
あ、お釈迦様って、ホントに偏平足なんだなあ〜。

NEC_2113.JPG







さて、こちら、入館料500円なのですが、
隣にインド村というのがあります。

平和大仏塔極楽殿というのが正式名称?

お釈迦さまの彫刻や、誕生から修行時代、浬槃までを表した絵画などが展示。




そ、そ、そして、ここからがメインイベント。





ここで地獄を見ることができます。

「地獄」といっても、温泉でもなく、たとえでもなく。
本当の地獄です。
地獄とはどういうところで、どんな目にあうのか・・・

nec_2107.JPG



薄暗い建物の中を進みます。やはり地獄は、暗いのです・・・
髑髏たちに囲まれた門をくぐり、地獄へ。
入口に、閻魔さまがいらして、ちょっとお説教。あわわわ。

まるでお化け屋敷のような感じ。
突然、お化けが出てきて、おどかされたりはしないので、ご安心を。

ですが、そこに繰り広げられているのは、まさに地獄絵図。

生きながらに(いや死んでるか・・・)のこぎりでおなかを切られる罪人。
焼け火箸のようなものを口から打ちこまれる者。
地獄に落ちた者同士、殺し合い、いつまでも苦しみを与えられる者。
針山を登らされる苦痛を与えられる者。

そうやって、苦痛を与えられ死ぬが、また生き返らされ、永遠に苦痛を与えられる。




・・・という様を、おどろおどろしい人形で、生々しく表現。
そして、ゴゴ〜とかぎゃ〜とか、阿鼻叫喚ぶりがスピーカーで流される。

こ、これは、本当におそろしい。
子どもじゃなくても、夢に見そう。




おりしも、年末年始で猟奇殺人者の経歴を集めた本を読んでいたのだけど、
どんなに文章でおそろしい残虐の限りを読んだのよりも、
どんなにひどいホラー映画を見たのよりも、

やはり、この目でリアルな立体を見る方がこわい。






しかし、考えてみると、これに近い拷問や殺戮が、
本当に行われる事件がこの世には数々あるわけだから、

この世っておそろしいところだ・・・




遠方の方、自分を戒めたい方は、こちらのHPで地獄館ご覧ください・・・

http://www.kurume-naritasan.or.jp/
posted by おくさま at 14:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

湯ったりまったり雲仙の旅〜最終回

食べてばっかりじゃいけません。

お次は、ついに島原城!




ば〜〜〜〜〜〜ん。

P1020329.JPG




真っ青な空に、真っ白な城壁が映える!



そういえば、さっき武家屋敷の近くに中学校がありました。
後で調べたら、実は元は三の丸があったところだとか。
すごい〜。
部活で来ていた中学生が、きちんとあいさつをしてくれて、
「どこから来たんですか?」なんて。
観光地だから慣れてるのかな〜?




観光客向けに、忍者やお侍さんや竜馬さん?たちがショーをやってました。

CIMG0557.JPG




わ〜!!ということで、竜馬さんと記念撮影、きゃは!

P1020326.JPG





おまけに、コスプレ無料!だというので、もちろんやってきました。
甲冑、重い!!頭ものすごい重い!!
戦国武将って、力持ちだったのね〜・・・
・・・と思ったら、偉い人は、これ着て座ってるだけだったんだって。
そういえば、時代劇でよく見るよね・・・座ってるね確かに(苦笑)

P1020335.JPG







お城の裏に回ると、たくさんの銅像?
あ、天草四郎。

P1020332.JPG




なぜ?・・・と思ったら、これらは、長崎平和公園にある平和祈念像の作者のもの。
なるほどね〜。





あちら側には、きれいに海が見える。
この景色、大事に残してほしいですね。

CIMG0570.JPG








いろいろお土産など購入して、帰りのフェリーに乗り込みます。
たった一泊二日だったけど、内容の濃い二日でした。

音楽の仲間たちとは、いつも練習や話し合いや本番でご一緒しているけど、
こんな旅行なんて初めて。それも13人も!
それぞれお仕事や家庭が忙しい人ばかりだし、
なかなかゆっくりお話する機会がない人もいたので、
このように旅行ができて、とても楽しかったし幸せだと思います。
だって、そんなに仲良くしてない団体だってあるようだし。
ますます、結束が深まった(だろう)と思います・・・??(笑)






さよなら、雲仙、ありがとー!!

P1020337.JPG














☆おまけ☆

お土産で買った、かすてらサイダー。
あま〜いにおいと、ちょっと香ばしい感じの味。(茶色のとこの味!)

せっかくなので、帰ってきて、次の本番の練習の時に飲みました。
またがむばろー!!

NEC_2037.JPG
posted by おくさま at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯ったりまったり雲仙の旅〜その6

地獄のあとは、雲仙から山を下って、島原へ。





普賢岳の噴火のあと、新しくできた平成新山など、変わった形の山が多いですね。
私の育った、長野も山がたくさんありましたが、九州の山はそれとは雰囲気が違います。

紅葉をながめながら、しばしドライブ。

IMG_0511.JPG




島原城の前に、近くの武家屋敷跡へ。

P1020313.JPG



真ん中に水路があり、これを生活用水として使っていたのだそう。
きれいなお水でした。

当時の地図。
島原城のすぐそばなので、仕えていた武士が住んでいたんでしょうか。

P1020317.JPG




現在も実際に住んでいらっしゃるおうちもあって、
その中の数軒が、見学できるようになっています。

P1020318.JPG




こうやって生活してたんだなあ〜。
冬、寒そうだなあ。足、しもやけになるよ〜。

P1020315.JPG



武家屋敷の入り口に、ちょっとしたお店があって、
そこでお茶が飲めたりできるようになっています。
名物??むむむ〜、実はこれは後でのお楽しみ。

P1020319.JPG




店内に、映画「まぼろしの邪馬台国」のポスターが貼ってありました。
主演の吉永小百合さんと竹中直人さんのサイン。
ホントだ、さっきの通り、そのままだ!!
いいなあ、雰囲気あるなあ。

P1020320.JPG




お昼は、島原城横の姫松屋さんで、名物の具雑煮をいただきます!

P1020322.JPG



具雑煮とは、その名の通り、具がたくさん入ったお雑煮。
島原の乱のときに、天草四郎が長期間籠城する際、
しっかり栄養を取って戦おうと食べたのが始まりだとか。



ぱか!
どうですか、この具だくさんぶり。おもちもたくさん。

P1020323.JPG



全部で13種類入っています。
お野菜もたくさん。
そして、だし汁がものすご〜〜くおいしい!!!


もう少し若い頃、このお店で食べましたが、その頃はそれほど感じなかったこのおいしさ。
大人になったかな?うっふん。

そして、さっきあとでのお楽しみ〜と取っておいた、
「寒ざらし」をデザートに食べることにしました。

寒ざらしとは・・・白玉団子を冷やして、はちみつや砂糖で作ったシロップをかけたもの。

この近辺は、お水がきれいなんですね。
湧水がたくさんあるみたいで、その湧水で冷やして食べるようです。

P1020325.JPG

あ〜、これ、夏食べたい!!つべた〜くして!


程よい甘さで、小さな白玉がもちもちと、素朴でおいしいデザートでした!
この寒ざらしの素(白玉粉)も、お土産売り場にあります。










つづく。
posted by おくさま at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯ったりまったり雲仙の旅〜その5

おはようございます・・・

こういうとき、女子は、夜、恋バナなどをすることになっていますので(苦笑)
当然、朝はぼー・・・




しかし、せっかくなので、早起きして(遅く寝たのに!)
朝お風呂に行きました。
いい眺め!

NEC_2024.JPG



すっきりくっきりした後は、朝からこれまたバイキング!(笑)
これまたおいしくおなかいっぱいいただきました・・・

だって〜、私はパン派だけど、カニ雑炊がめっちゃおいしそうだったし〜、
(すっごくおいしかった!昨日の残りのリサイクルかな〜)
朝からフルーツとかたくさん贅沢だし〜
お漬物もおいしそうだったし〜

こういうときの朝ご飯って、どうしておかわりしてしまうんでしょう。





さて、2日目は、雲仙地獄へ。

別府が有名な地獄ですが、雲仙にもあるんですね〜。

IMG_0502.JPG





雲仙温泉は、明治時代には、外国人の避暑地だったんですって!
そういわれてみれば、ちょっと洋風ないい雰囲気のホテルが多い。
そうです、あまりに雰囲気が違うので忘れていましたが、ここも長崎。
その昔は、キリシタンがこの地獄で改宗を迫られ、殺されていったのです・・・

ごぼごぼとあちこちでわいている、この超熱湯を、かけられ拷問され、
突き落とされたといいます。
ひどいな・・・そこまでする必要があったのか。それだけ驚異だったのか。

P1020302.JPG





慰霊碑のようなものがありました。

CIMG0540.JPG




「君の名は」の撮影が行われたことでも有名だそうです。
真知子巻きですね〜。

P1020303.JPG




紅葉を眺めながら、しばらく歩いて、とてもすがすがしい気持ちになりました。

P1020304.JPG



近くのホテルには、こんなのも。

指湯。

P1020305.JPG




温泉を使って作る、湯せんべいのお店も。
わ〜甘いいいにおい。焼いてるところをぱちり。

P1020307.JPG






(やはり食い気か・・・)







つづく。
posted by おくさま at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯ったりまったり雲仙の旅〜その4

さて、お宿は、雲仙みかどホテル本館。

よく新聞に載ってるところです。
こちら、平日大勢で来たら、とってもお得なホテルです!
(平日、一部屋5人だと7800円!)

http://www.unzen-mikado.net/

普賢岳が噴火した時に、焼け残った大木を、門に使用しているそうです。
とても立派な門です!!

CIMG0531.JPG




ちょっとゆっくりして、併設の物産館でお土産など物色したあとは、
お待ちかねの夕食!!

こちらのホテル、豪勢なバイキングも有名です。
90分間と決まっているので、グループごとに入る時間も決まっています。
入口は、今か今かと待つ団体客で、ごったがえしています・・・

P1020298.JPG




ちなみに、ここにはバッグ持ち込み禁止。
(持って帰る人がいるらしい!すごいなあ〜)




お刺身、お寿司、お肉、和洋折衷でなんでもあります。
カニも、しっかり身が詰まってて、食べ応えがある〜!

こういうバイキングは、けっこう料理がいつまでも残ってて乾いてたり、
イマイチ食材がよくなかったりすることがありますが、
そんなこともなく、どれも新鮮でおいしかった。

お寿司お寿司!!と思っていっぱい取って、席に戻ったら、
一人ずつ、トロのお寿司が置かれてました!すご〜〜い!!

IMG_0486.JPG





我々、食べる気満々でしたが、ちょっと圧倒され、
目でおなかいっぱいになってしまった感じ。
若者たちが、わいわいガツガツやってるところを横目で・・・ううう。




IMG_0480.JPG





といいつつも、きっちりデザートまでいただいて、お部屋に戻った訳ですが。





お部屋までの通路にも、樹齢1000年近い木が飾られています。

NEC_2023.JPG

NEC_2025.JPG




お部屋の前は、竹のランプ。素敵〜!

P1020297.JPG





全部で13人。年齢も、未婚既婚も様々のメンバーで、
夜はいろいろお話しました。
音楽の仲間ですが、今日は音楽の話「以外」で。むふふ。

大人の修学旅行の夜は、いつまでも続きましたとさ・・・





つづく。
posted by おくさま at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

湯ったりまったり雲仙の旅〜その3

小浜で、おなかもあんよもあったかくなったので、

次は!!








イルカウォッチング!!!






口之津で見ます。
以前、天草で見たことがありましたが・・・

イルカちゃんたちが集まってるスポットまで、こういう船に乗って行きます。

P1020294.JPG



こういうベストを着て乗ります。念のためかな。

CIMG0523.JPG



この日は、残念ながら、黄砂の影響で、お天気もイマイチ。
そのせいか、イルカちゃんたちも少ない。

あ!!!いた!!!と発見すると、船がゴーっと向かっていく。
雲仙側からだけでなく、海のあちら側の天草からもたくさんの船が来ていて、
その船が、一斉にイルカちゃんたちの方へ集まっていく。

見に行ってる私たちのために、動かしてくれてるんだけど、
なんとなく、イルカちゃんたちを追いかけまわしてる感じがして、
かわいそうだったよ・・・

とはいえ、そのうち、顔を出しては、船が来た頃にひょいっともぐっちゃう、
イルカちゃんたちが、人間と鬼ごっこしてるみたいになって、
すっかり遊ばれてるような感じになりました。
あちらが上手みたいですね〜(笑)

P1020293.JPG




イルカちゃんたちは、前回天草で見た時は気付かなかったけど、
くちびる?のとこだけピンクで、かわいかったです!!!
ありがとー!またいつか会いに来るね!




つづく。

posted by おくさま at 00:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

湯ったりまったり雲仙の旅〜その2

おいしく頂いた後は、日本一を体験しに。



今年2月にできたばかりの、日本一の「足湯」ほっとふっと105!



P1020161.JPG



全部で105mだそうです。
大勢入れていいなあ。

真ん中に吹き出してるところがあって、蒸気を利用した蒸し場がありました。
おなかいっぱいじゃなかったら、お芋とかふかしたかったなあ。

P1020162.JPG



ここにもオバマさん。

P1020163.JPG



手話で「I LOVE YOU」を表現してるそうです。

P1020166.JPG




あらら、またまたオバマさん。

P1020174.JPG




あっちは海!いい景色。夕方、夕日を見ながらの足湯がサイコーだそうです。






さて、足湯のお隣に物産館がありますので、そこで早くもお土産購入。
海の近くなので、海産物関係も充実。

これこれ、これがめっちゃおいしい!!実演&試食で、ソッコー購入。
見てるだけでも面白い〜。

MVI_0470.THM



きゅ〜〜〜っと、ぺちゃんこにされているのは、みりん干しのタコ。
ぺっちゃんこのおせんべになるのです。

NEC_2039.JPG




おなかいっぱいなはずなのに・・・
モンブランソフトクリームやら、長崎の特産、びわソフトクリームやらを食べる我々。










つづく。
posted by おくさま at 23:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湯ったりまったり雲仙の旅〜その1

音楽仲間のみなさんたちと、総勢13名で、雲仙旅行に行ってきました!!







長洲港からフェリーで出発。

P1020278.JPG




マップなどなど、しっかり握ってます。
フェリーの中で売っているちくわ、これがうまいんだ!!

P1020288.JPG




フェリーに乗るのは、初めてじゃないんだけど、
こんなにかもめが飛びまくってるなんて、知らなかった!
売ってるパンをちぎって、投げると、すごく近くまで来る。

IMG_0448.JPG




これ、めっちゃたのしーー!
鳥が怖い人じゃなかったら、絶対やってほしい。
フェリー楽しい!!(笑)







そうこう大騒ぎしているうちに(笑)45分ほどで、あっという間に多比良港到着。





まず最初は、小浜温泉へ。

わ〜、もくもく!わくわくするなあ。

P1020291.JPG





小浜温泉→オバマさん、ということらしいです・・・
こんなのとかあったり。

NEC_2026.JPG



日本三大ちゃんぽんていうのがあって、長崎・小浜・天草、だそうです。

というくらい名物とされているので、ちゃんぽんマップなんてものもあって、
それを参考に、3つのグループに分かれて、それぞれ違うお店に行くことに。

私たちが食べたのは、こちらのお店。

IMG_0460.JPG



マップでは、こってりと書いてありましたが、そうでもなかった・・・

IMG_0458.JPG





つづく。
posted by おくさま at 23:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

5000株!!!

うっとおしい梅雨の季節ですが、
だからこそ、美しい場所もあります。




千光寺、通称あじさい寺に行ってきました。

境内に、ものすごい数のあじさい。
これは入場料200円出すだけあります。

P1010919.JPG








いろんな種類のあじさいが植えられています。
色もいろいろ、形もいろいろ。

こんなまるっこいものも。

P1010916.JPG


スプレーで少しだけ、シュっと吹きつけたみたいな、
不思議な色。

P1010930.JPG





一つの花の中でも、グラデーションが。

P1010931.JPG






昔、土壌が酸性かアルカリ性かで、花の色が違う、
と習ったような気がしますが、
ここは隣り合わせで違う色が咲いていたり、
不思議です。

P1010920.JPG







普段は苦手な虫ですが、
こういうところで見ると、途端にいとおしくなるのも不思議。

蛾!?蝶??
まるで、京劇のお面のような鮮やかな色。

P1010933.JPG




赤ちゃんかまきりと、赤ちゃんあじさいのカップル。

P1010936.JPG




根元には、こんなニッコリ笑顔も。

P1010928.JPG




これだけの数、手入れするのも大変だと思います。
ありがたいことです。

こんな看板発見。
えええ??持って帰る人いるのかな・・・うそでしょ・・・

P1010926.JPG

posted by おくさま at 18:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

梅雨に入る前に

毎日、雨です。
うっとおしいいいいいいい!!

たくさん降って、お野菜が果物をしっかり育てて、
私たちにおいしく届いてください、うふ。





梅雨に入る前に、熊本小国をドライブしてきました〜。




☆日田の道の駅、水の郷おおやま

この日は、珍しく行きに寄りました。それには理由が・・・

P1010872.JPG


☆ゆうステーション

小国では、宇宙との交信。
・・・ではなく、これも道の駅みたいなところ。

P1010874.JPG




☆鍋ヶ滝

以前、来たのは寒い時期。
暑くなると、こういうところは涼しくて気持ちいいね〜。

P1010877.JPG




この滝は、内側に入ることができるのです。
水しぶきが気持ちいい〜!

P1010883.JPG



入口のお店は、土日しか開いてません。

P1010875.JPG



ちょっとわかりにくいけど、絶対お勧めのスポット。
蓬莱小学校の近くにあります。




☆くぬぎ湯

いつもの家族風呂です。
窓から見える、緑が鮮やか。
暑くて、あんまりつかれませんでした・・・

P1010886.JPG



この辺りの温泉の、お楽しみはコレ!!

P1010894.JPG


温泉の地熱で、お野菜などを蒸す、蒸し場が無料で使えるのです。
そうです、さっきの道の駅で、材料を買って来たのです〜。



定番のじゃがいもです。
バター持参。

P1010889.JPG




トウモロコシも季節になってきましたね〜。
意外にも、おいしいのでおすすめなのが、しいたけ。

P1010890.JPG



おなかいっぱい・・・
と言いながらも、

☆そらいろのたね

ここには絶対寄ります。
周りにもファンがいるので、注文を取って、予約してから行きます。
山の中ですが、人気の店なので、帰りにはもう売り切れているんです・・・

P1010896.JPG



☆すずめ地獄

そういえば、この近くにあったなあ〜ということで、
行ってみました。

ぽこぽこと冷泉がわいているスポットです。
ちょっとした小さな川辺みたいな感じですが、
あちこちで、冷泉がぽこぽこぽこ・・・

P1010905.JPG

冷泉なので、触ることもできます。
おもしろい感触〜。

P1010903.JPG





この冷泉には、亜硫酸ガスが含まれていて、
その昔は、小動物がそれで死んでいたそう。
小さな子どもさんや体の弱い人は、要注意。

P1010906.JPG




この辺りは、清流の森といって、とても緑がきれい。
ウォーキングコースなどもあります。

川の音、まぶしい緑、涼しい風。

P1010909.JPG



あ!野イチゴだ!

P1010908.JPG




と思ったら、蛇いちごだそうです。
近くに蛇がいるぞ!と脅されました・・・






☆耕きちの湯

我々、ここの温泉大好きなんですが、
暑くなったので、はしごはちょっと・・・
でもせっかくなので、食事処でお茶していくことに。

温泉もいいんだけど、この食事処もすごく雰囲気がよくて、
大好きです。

縁側いいなあ〜。
すっごくなごむ〜、住みたい!!

P1010911.JPG



食事もせず、ソフトクリームですみません・・・

P1010912.JPG





☆道の駅くす

帰りに新しい道の駅に寄りました。
なんじゃこりゃあ?

P1010913.JPG



童話の里だそうです。





この辺りは、梅の産地なのかな?
日田の道の駅でもたくさん並んでたし、
こちらには、梅大福が。

P1010914.JPG

梅がそのまま入ってて、おいしかったけど、種が・・・

posted by おくさま at 10:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

登山???

福岡の中心地に、

アクロス福岡というのがあります。

主にクラシック系のコンサートが開かれる、シンフォニーホールや、
いくつかのホール、会議場、飲食施設、パスポートセンターなどが入っています。

こちらの建物、表から見るとわからないんですが、
階段状になっているんです。

こんな感じ。

Acrosfukuoka02.jpg

階段状の屋上の部分に、植樹がしてあって、
向かいの天神中央公園ととてもマッチしています。

Fukuoka_Acros.jpg

(以上、写真はwikiより)







いつも、天神で買い物をするとき、ここを通りぬけるのですが、
ん???
これって、登れるんだ!!
土日祝日のみ、解放しているようです。
何度も来ているのに、初めて気付きました!!

しかも、「アクロス山」だって!ビルなのに!

NEC_1767.JPG




せっかくなので、登ってみることに。

階段をジグザグと登っていきます。

NEC_1766.JPG

途中途中に、植えられている木や花の解説が。
それらをへ〜〜、と読みながら、どんどん登ります。
ふへ〜、けっこう疲れるなあ。
まだかなあ?まだまだだ。

ちゃんと途中で休めるよう、ベンチも間に設置されています。
ふう。

NEC_1761.JPG

屋上緑化大賞というのを取っているんだね〜。

NEC_1765.JPG

まだか?まだ頂上に着かないのか??
と、心が折れそうになったころ、振り返ると、



わ〜〜〜〜〜〜!




すっごい高い!!!
こんなに登ってきたんだ・・・

公園の向こうの大丸が下の方に・・・

NEC_1764.JPG




さっき、前を通ってきた、ビブレやベスト電器もあんなところに。


NEC_1763.JPG

こりゃホント、「山」だわ〜。

中をのぞいてみたり。
いつも、中から上を見上げていた、吹き抜けの部分の天井にいまいるんだ〜。

NEC_1760.JPG



中から見上げた図。
この段々の部分に、今いるのです。

NEC_1759.JPG






天神は、福岡で最も都会なところ。
たくさんのビルとデパートとオサレなお店が集まっている。
車も人も、ごちゃごちゃといっぱい。

だけど、緑がたくさんの公園もいくつかあって、
ビルなのに、天井が山だなんて、こんな施設もある。
おもしろいなあ〜。

最初に植えられていた植物より、種類も数も、ずっと増えたみたい。
鳥が遊びに来て、他の植物の種を連れてきたから。
最初は、人工的に作られたものだっただろうけど、
今はすっかり、自然に溶け込んでいる。
おもしろいなあ〜。





もちろん、後日、筋肉痛になりましたが、なにか?
posted by おくさま at 11:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お茶の産地です

いつも思うんだけど、






お茶畑って、きれいだよね!!!!





なんであんな丸っこく刈るのかは知らないけど、
いつも通る時、ほわ〜んとなります。

NEC_1709.JPG

夏も近付く八十八夜〜♪の「八十八夜」もよく知らない私ですが、
(立春から数えて、だそうです。5月2日頃のこと)

お茶の繊細な味わいもよくわからない私ですが、
(利き茶とか絶対無理)

この風景には、ついつい足を止めてしまいます。





八女は、有名なお茶の産地。
本州では、静岡や京都が有名ですが、
それに負けないおいしいお茶です。
特に、玉露が有名ですね〜。

本州に住んでいるときは、知りもしなかったです。
学生の頃、新宿のどこかのデパ地下で、お土産を選ぼうとうろうろしていた時、
お茶の試飲をすすめられて、お話を聞いていたら、
それが八女茶でした。
「本州の人は、本当においしいお茶の味を知らないので気の毒」
と言ってました。
その時は、うわ、そこまで大きく出るか、と思ったんですが、
実際、こちらに住み始め、その八女茶を飲むようになって、
あの時の売り子さんの言葉に、深く納得しています。







八女茶カフェぶんぶくにて、お茶。
お茶屋さんがやっているカフェって、この辺りには時々あります。

NEC_1708.JPG

抹茶アイスのセットを注文。
もちろん、お茶とセットです。

NEC_1707.JPG

静かでゆったりしたお店なので、
本持参で、いつも一人で行きます。
お茶がおいしくても、「おいしーーー!!」などと騒がず、
一人、それをひっそり味わいます。

オトナだ・・・




私も、妙齢になりましたので、たまにはこんな時間もね。
posted by おくさま at 10:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

森林浴&運動&大福

最近めっきり、太ってしまいました。

仕事が変わり、運動量が減ったこと、
歳とともに代謝能力が落ちていること、
ストレスで、無駄食いしていることなどが原因ですが、

その上、筋肉がやはり減っている様子。

先輩声楽家さんが「私もそうなの、だから絶対おすすめ!!」
とおっしゃってました。
平坦な道と違い、しっかり一歩一歩踏みしめていくので、
それが、歌うときにぐっと使う、腰回りの筋肉にいいんだそうです。





それが、山登り。




て!山か〜・・・ちょっとハードル高いなあ。
と、正直にその方にお伝えすると、
いやいや、近場でいいところがある、との話。





ということで、瀬高の清水山に出かけました。
この清水山は、きれいな景色で、いい季節にはサイコーの場所。
何度か来ています。

しかし、今回は、「登る」という目的で向かいます。




くら〜いむえ〜ぶりまうんて〜ん♪と「サウンド・オブ・ミュージック」の
名曲なんか口ずさみながら、やる気満々。







ん?どこまで車で行けるのかな?
とりあえず、中間地点ぽいところにとめて、
ぼじと一緒に歩くことに。

P1010799.JPG





地図を見ると、上の三重塔まで、まっすぐ階段で行く道と、
横からくねくね歩く道がある様子。
階段はきついので、くねくねを選択。





が!!!なんちゅー坂道!足が早くもつらくなってきた。
下ってくる年配のみなさんがけっこういて、
午前中だというのに、もしかして、みなさん帰るところ?
すごいなあ・・・


ああ、鼻歌なんて歌ってた自分が懐かしい・・・


だけど、すれ違うおじさんおばさんたちと、会釈したり、
わんちゃん、がんばって登ってるね〜と話しかけられて、
会話したり、こういうのは、ちょっと楽しい。


まだかまだか、で、やっと三重の塔に到着。
森の緑と三重塔の赤のコントラストが、とてもきれい。

P1010793.JPG



ちょっとお参りしていこう。

P1010795.JPG





も、もしかして、階段の方が近いのかも??
しかし、延々下る階段は、ちょっとこわい(ひざが)ので、
元の道に戻る。
帰りは、ちょっと気持ちの余裕もあって、
道から外れた森の方や、流れる川なんかをのぞいて歩く。

街中にあったら、なんでもないような、地味な素朴な花も、
ものすごくきれいに見える。

P1010796.JPG



緑のフィルターを通した、日の光で見るからかも?
どの葉っぱも、鮮やかな緑で、いきいきしているし、
そのどこかにいる、鳥の鳴き声も、耳に心地いい。

都会のみなさんは、こういうのをパワースポットとか言うのね。

それだけに、このようなごみがちょいちょい見られたのは、
残念としか言いようがない。
何しに来るんだろうなあ。

P1010797.JPG




・・・ホントは、もっと上に行くと、展望台があり、
教わっていたのは、さらにその上に登るプチ登山だったんだけど、
今日のところは、このへんで勘弁してやらあ〜!!!

続きは、また次回・・・(とほほ)





車に戻ると、ん?あれって?
少し下って、きれいな川の流れるあたりに行くと、
お地蔵さんみたいなのが、たくさん!!

P1010802.JPG



あ〜、五百羅漢かあ〜。

P1010801.JPG




降りて行って、お顔を拝見する。
地震などで、落ちたのかな、首のないものもある。
最初は、ぎょっとしたんだけど、
よく見ると、いくつも首のところを補修しているものがある。
ちゃんとお参りしたり、大事にしている人がいるんだね。

いろんなお顔があったけど、なんかちょっとじわっと来た。

P1010798.JPG





次回、もうちょっと上まで〜と決意し、
下って、船小屋温泉で鉱泉をくんで、帰ろう・・・

帰り道、たけのこの無人販売が。
「今掘っています」ってすごいなあ。
でも、残念、売り切れだって〜。

P1010803.JPG





あそうだ、ちょっと寄ってみよう。

江口菓舗さん。
昔、近くに勤めていたころ、よくこの隣の喫茶店に来ていたんです〜、





が!!

P1010808.JPG




すごい、ここまで来ると、ある意味ゲイジュツ!
しかも、「本日休業」て、ずいぶん前からこの形だけど!

まだやってる頃は、お隣のお菓子屋さんからケーキを頼めたりして、
楽しくランチしてたんだけどなあ〜。
お菓子屋さんに聞いたら、けっこう前に閉めて、
くわしいことはわからないということ。

さて、お菓子。

P1010809.JPG



おいしいと聞いていた、いちご大福を。
なんとこちらのは、あんこにもいちごが!
赤いあんこ〜。

P1010812.JPG
posted by おくさま at 11:16| Comment(7) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

最後は海の方へ 〜別府その8

今回、海の方へ行っていなかった!
ということで、山から降りて、市街方面へ。

別府は、山もあり海もある、見どころ満載なのです。









香りの博物館の近くの、湯けむり展望所。

P1010773.JPG

市内が一望できます。
温泉街からは、煙がもくもく。
今も、たくさんの人が、温泉を楽しんでいるのだろうなあ〜。

P1010776.JPG




海の方へ降りて、お昼を食べることにします。
もう一軒くらい、温泉入りたいとこだけど・・・





海沿いの道は、開けていて、助手席からだと、きれいに海が見えます。
その、海沿いの公園近くのお店でお昼。

JFと書いてある。漁業組合のこと?

P1010777.JPG




1階では、海産物などのお土産が販売されていて、
2階がお食事。

あら〜、期待が高まります。

P1010781.JPG




相方は、こちらのおすすめ、しらす丼。
見た目は地味だけど、おいしかった!!とのこと。

P1010778.JPG





私は、りゅうきゅう丼。
海鮮丼ぽいけど・・・

P1010779.JPG










今回は、思ったより、いろいろ食べてません。
その分、歩いていろいろ見た、健康的な旅だったかな?

温泉めぐり中、手帳のようなものを持っている人を見かけました。
実は、別府のたくさんある温泉のガイド本があるのです。
また、駅の観光案内所などで、スタンプラリーの台帳を売っています。

これを持って、それぞれの温泉でスタンプを押し、
集まると、なんと段位がもらえるのだ!!

これが、別府温泉道。
スタンプ8つで、初段。
申請すると、ちゃんと賞状ももらえるみたいです〜。

88カ所回ると、見事「温泉名人」として認定されます。
別府は、泉質がいろいろあるので、たくさん入っても飽きないですよ。

ああああ〜、これ、チャレンジしたい!
もう少し近くに住んでたらなあ〜。

http://www.beppu-navi.jp/onsendou/







次回への野望を胸に、別府とお別れ。
・・・もちょっと惜しくて、すぐ近くの別府湾SAに寄って、
お土産たくさん買いました。
これも楽しいひとときです!








ちゃお、別府!
posted by おくさま at 15:59| Comment(6) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まるで東北?白く積もるもの 〜別府その7

さ、温泉温泉、と。



2日目は、明礬温泉に向かいます。
明礬温泉は、市街よりちょっと山の方。

上を走る高速道路をくぐって・・・



P1010737.JPG


明礬温泉です。

P1010749.JPG







このあたりの温泉は、白いお湯で、
その温泉から、湯の花を作っています。

かやぶきの湯の花小屋。

P1010745.JPG



この辺では、温泉の蒸気を利用した、プリンが食べられます。

P1010746.JPG




せっかくなので、岡本屋さんでいただきました。

P1010741.JPG




お店には、蒸し待ちのプリンが、ずら〜り。
でも、朝早くからけっこう多くて、みんなプリン食べてます。

私も、あむり。
さっきご飯おなかいっぱい食べたのに・・・てへ。

P1010742.JPG






この湯の花小屋と同じ、かやぶきの家族風呂に入ろうと、
早めに出たのですが、やはり皆さん同じ考えで、
1時間以上待ちでしたので、断念。

湯の花小屋を見学。

P1010757.JPG




これが、湯の花の原型です。

P1010759.JPG



こうやって見るとわかりやすいけど、
湯の花は、結晶なんですね〜。

P1010748.JPG




売店では、この湯の花を使った化粧品も売ってました。

P1010762.JPG





こちらでも、地獄蒸しのお芋などが売っていました。
あ、ゆでたまご。
さっき、プリンは遠慮した相方が、これに挑戦。



え!色つき。煮卵みたい。
どうしてこうなるのだろう・・・
くんせいみたいだ。

P1010764.JPG







さて、しかたないので、近くの他の家族風呂に。

P1010752.JPG


お湯、熱!!!
しかし、高い場所にあるので、とても見晴らしがよく、
先ほどくぐってきた、高速道路、
そしてその向こうの市街がよく見えます。

P1010754.JPG





ところで、ミョウバンは、この明礬温泉から来てるんだそうです。
硫化水素の成分が多い温泉なのです。
皮膚病などに効果があるようですよ〜。


バス停も明礬。当たり前か。

P1010770.JPG





あと一軒だけ、と思って、明礬温泉のジモセンに入りました。

この温泉が、震えが来るほど熱い!!!!!!
とてもじゃないけど、つかっていられず、
一度がんばって入ったものの、身動きできず・・・(動くと熱い)
別府のみなさんは、我慢強いのか?

P1010766.JPG














つづく。次はラスト!?


posted by おくさま at 00:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外見で判断しちゃだめだね〜、やっぱり 〜別府その6

ということで、お宿に帰ります。

GWでもあり、思いついたのも直前だったので、
中心地から少し離れた、インターの近くのホテルです。

周りには、ラブホが乱立・・・あう〜。
ま、まさかあの中に?
と思ったら、隣はちゃんとしたホテルで、ほっ。



芙蓉倶楽部さんというホテルです。

http://www.fuyouclub.jp/

外観は、ちょっとボロ・・・いや年季が入った感じでしたが、
中は、とてもおしゃれ!
HPで事前に見ていた、女性向けの素敵な雰囲気でした。

P1010714.JPG





お部屋の外は、美しい緑。
とてもさわやかな風景です。


さんざん歩きまわったので、ひと寝入りして(笑)
夜は、バイキング形式で、舌鼓を打ちます。
子ども連れのちょっとDQNな団体客に、いらいらしつつも、
お料理はどれもおいしく、満足満足!




そして、夜は、なんとピアノの演奏があるというではないですか。
ロビーにでかけます。
小さなアップライトではありましたが、
地元の演奏家さんの演奏。
同業者?としては、お客さんが少なかったら悲しい・・・
と心配しましたが、
なんの、ちゃんと集まりました!よかった!

モーツァルトや、ショパンなどのクラシックから、
マンシーニなどの映画音楽、
そして、最近のヒット曲まで、万人が楽しめる選曲。
小さな子どもも、しっかり座ってよい子に聴いてました。

最後に、歌詞が配られ、「ハナミズキ」「夏の思い出」をみんなで。
これがまた、みなさん結構しっかり歌われて、
再度ほっとしました(笑)


ピアニストさんも、ほわ〜っとした方で、
アットホームな感じで、気張らず聴ける演奏。
こういうのは、いい企画だなあ〜。






別府なので、ホテルの大浴場ももちろん温泉。
このあたりは、堀田温泉というんですね。
この日は、端午の節句にちなんで、菖蒲風呂でした。

脱衣所に、温泉を飲用できるよう、用意してあったり、
心遣いがありがたいです。







さて、もう一つ素敵な企画が!
朝の散策!
前日もけっこう歩いてるんですが、
せっかくなので、がんばって起きてでかけました。
さすがに、これは参加者が少なく、我々を入れて4人(笑)
案内してくださるのは、こちらの息子さん?で、
元サッカー選手さんでした。

インターの先に進むと、堀田温泉。
緑のきれいな中を、やっぱりもくもくと温泉の湯気が。

P1010729.JPG




散策コースは、けっこうしっかり歩く道で、
こんなところも。

P1010731.JPG


きれいな白糸の滝を見たり、
地元の源泉のあたりを通りぬけて、
五百羅漢を見たり、
正味40分くらい?いい運動になりました。




その後のあさごはんが、おいしかったこと!(笑)
朝あるくのって、だからいいのかな〜。
(しかし、自宅ではそれがなかなか・・・む〜)






従業員の方たちも、みなさん感じがよく、
いいホテルでした。
市街からはちょっと離れていますが、
どうせ車で移動するので、まったく問題ありません。


ありがとうございました〜〜!!




P1010736.JPG






つづく。まだまだ温泉三昧!
posted by おくさま at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

硫黄以外の香りもあるぞ! 〜別府その5

今回の旅行は、昔買ったガイドブックや、
以前訪れた時、お店でもらった地図などを参考にしました。
これが、結構役に立つので、
温泉などでもらう地図は、ぜひ捨てずに活用しましょう!









別府周辺には、温泉以外にも観光スポットはいくつもあります。

・お猿いっぱいの高崎山
・人気の水族館、うみたまご
・遊園地、ワンダーラクテンチ
・アフリカンサファリ
・城島高原パーク

などなど・・・






しかし、あえて私はここをおすすめしますYO!!!!










大分香りの博物館




http://oita-kaori.jp/

別府大学のお隣です。

P1010703.JPG



こちらは、たくさんの香水のコレクションの展示があり、
一部は試香できます。

P1010712.JPG




ボトルを見ているだけでも、きれいで、うっとりです。
香りのデザイナーだけでなく、ボトルのデザイナーもいるんですよね!
単なるびんじゃないのだ〜。

私のファースト香水「ニローン」もあった!ちょっとうれしい。






香水の歴史を展示してあり、
なるほど、こういう経緯で香りは楽しまれていったのか〜、
と、大変興味深いです。

香水の原料である、香料を花から抽出する機械や、
方法の展示もあります。

また、ヨーロッパとアジアでも楽しまれ方が違うのも、
当たりまえながら、面白いですよね。

食生活や生活様式が違うので、香りを使う目的も変わってくるんですね。
身につける、おしゃれの道具なのか、
呪術に使うものなのか、など。





さて、いろんな香水を見て、歴史を知った後は、
なんと調香体験ができるのです!(¥2000)
自分オリジナルの香水作りです〜。

P1010713.JPG




まずは、ビンを選びます。

P1010704.JPG




次に、自分の好みの香りを選びます。

香水は、まず最初に香るトップノートと、
それが飛んだ後に香ってくるミドルノート、
そして、最後に残るエンドノートがブレンドされています。

P1010706.JPG





それらの配合にすることで、自分の好みの香りを作っていくのです。

P1010705.JPG




3種類の香りから、ミドル用、トップ用、エンド用をそれぞれ選び、
配合していきます。

P1010708.JPG






ボトルから、スポイトで計って、小さなビーカーに移します。
うお〜、理科の実験のようで、楽しいです。



さて、一度これで作ります。
くんくん・・・さあどうかな?

P1010707.JPG

(真剣!・・・何度も嗅いでいると鼻がマヒしてくるんですよね・・・)

そして、微調整をして、できあがり!!
私は、ローズやベリー系のフルーティな甘い感じに、
ラストはサンダルウッドなどがさわやかに香るものを作りました!

いい香り〜〜〜☆
あんまり甘すぎでも、やらしいし、
かといって、あまりきつい感じなのもいやなので、
これはほどよく、とても気に入りました!
さすがオリジナル!



これは、なかなか楽しい体験。
しかも、オリジナル香水を持ち帰れる。
2000円ですが、おすすめです。
私の後ろでは、男の子3人組が作ってて、ちょっとジェネレーションギャップを感じました(笑)





1階のミュージアムショップも楽しい。
また、併設のカフェも素敵。
中庭は、ハーブやたくさんのお花が。
なんと、足湯まで!さすが別府です。

P1010711.JPG






つづく。次は、やっと宿に向かいます!
posted by おくさま at 00:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

大分は鶏です  〜別府その4

なんで大分って、鶏料理が名物なんでしょうね??







ということで、お昼は名物のとり天を頂きました。

P1010685.JPG



相方は、地鶏定食。
これまた名物のゆずごしょうのきいた一品です。

P1010684.JPG









大分というと、他にチキン南蛮とか、
唐揚げも専門店がたくさんあるくらい、人気。
なんでなんでしょうね?








鉄輪温泉で、温泉三昧の合間に、おやつをぱくり。

鉄輪豚まん本舗

P1010688.JPG




豚まんも地獄蒸しなんですねえ。
はふはふいって食べましょう!











ちなみに、温泉って、たくさん入りすぎると、湯あたりしますので、
一日3湯くらいにとどめた方がいいようです。









つづく。次は、いい香りのニュースポットへ!
posted by おくさま at 23:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジモセンへGO!  〜別府その3

さて、古くからの温泉地、別府には、
観光客向けの温泉はもちろんのこと、

昔から、地元の人に愛されている共同浴場がたくさんあるのです。
これが、地元専用、略してジモセン!

この界隈には、特にたくさんあり、
それを見て回るだけでも、
地元の人にとって、温泉は特別なものじゃなく、
日常に溶け込んでいるんだな〜と、
ほのぼのします。

このジモセン、なんと、無料のところもあるのです!
営利目的じゃないんですね!
とはいえ、入口でお賽銭を入れるのが礼儀。
感謝の気持ちを忘れてはいけません。
たいがいのところは、100円を入れるようになっています。

P1010671.JPG



地元の皆さんは、組合員というのになっていて、
入口に名前の札がかかっています。

P1010700.JPG




私は、もちろん部外者なので、
入口のお賽銭箱にちゃり〜ん、お参りしてから入りました。

地元のおばあちゃんたちが、ご近所話しながら洗ってました。
シャワーなんてしゃれたもんはなくて、
しぶ〜い蛇口がいくつか。
懐かしい気持ちになりますね〜。

銭湯のような、今にも桶のかこ〜んという音が聞こえてきそうな、
味のある温泉ばかりです。

こんな温泉に、毎日入ったら、そりゃ〜お肌もつるっとなるってね!
ありがたいですなあ。うらやましいですなあ。




そんなこちらの温泉。
実は、あの一遍上人が開いたと言われています。
歴史の時間に習ったなあ〜(遠い目)・・・

今でも祭られています。

P1010679.JPG







一遍さんありがとう〜〜〜、あなたのおかげで、
我々、すばらしい温泉を堪能させていただいております。
信仰心はないけれど、感謝感謝!!









右も左も温泉。
あちこちから湯気が立ち上っています。

足元を見ると・・・・(笑)

P1010689.JPG





最近は、オンパクという温泉のイベントなども開かれているようで、
温泉ファンがたくさん訪れているようです。
そのせいか、以前来た時より、ずいぶん道も整備され、
きれいになっていました。





足湯の施設ができていたり、

P1010702.JPG




地獄蒸しができる施設ができていたり。

P1010672.JPG




みんな蒸してる蒸してる!

P1010673.JPG





昔のひなびた温泉地、というイメージだけでなく、
温泉好きも、おいしい物好きも、観光としても、
楽しめるスポットなんですよね!

ぶら〜っと、歩いて回るのが、おすすめです!
疲れたら、温泉につかり、タオルぶら下げて、またぶら〜。










つづく。次回は、ちょっともぐもぐ・・・
posted by おくさま at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日のおでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。